“タコ”キャラといえば? 3位「タコピーの原罪」タコピー、2位「ツイステ」アズール、1位「暗殺教室」殺せんせー

7月2日はタコの日。

関西地方では7月2日ごろの半夏生と呼ばれる時期にタコを食べる人が多いことから制定された記念日です。なお8月8日もタコの日ですが、こちらはタコの足が8本であることが由来となっています。

アニメなどではタコにまつわるキャラクターが存在します。タコに似た能力を持っていたり、たこ焼きが大好物だったり、タコそのものだったりと、描かれ方もさまざまです。

そこでアニメ!アニメ!では「“タコ”キャラといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。6月15日から6月22日までのアンケート期間中に449人から回答を得ました。
男女比は男性約40パーセント、女性約60パーセントと女性が少し多め。年齢層は19歳以下が約65パーセント、20代が約20パーセントと若年層が中心でした。

■不思議な魅力を持ったキャラがランクイン!

第1位

1位は『暗殺教室』の殺せんせー。支持率は約28パーセントでした。

殺せんせーは椚ヶ丘中3年E組に赴任してきた謎の生物。「見た目は黄色いタコ。作中でも生徒たちにタコと言われることが多かったし、殺せんせーの自画像もタコだったから」や「タコのようなビジュアルだけど最高速度はマッハ20。月を破壊するほどの超生物なので」とビジュアルのインパクトが強いキャラクターです。

「ヌルフフフ…という不気味でキュートな笑い声を今でもよく覚えています」と今年連載10周年を迎えたタイトルがトップとなりました。

第2位

2位は『ディズニー ツイステッドワンダーランド』のアズール・アーシェングロット。支持率は約14パーセントでした。

オクタヴィネル寮の寮長であるアズールには「本来の姿がタコの人魚。それに加えて、ねっとりとした色っぽい声や、吸盤でくっつくことができる能力もタコらしいです」や「生徒たちの弱みを握るため、かなりあくどい契約を結ばせる話術が、元になったとされるヴィランのイメージに合っていて好き」といったコメントが寄せられました。
本作はアニメ化が決定しており、ファンの注目を集めている最中です。

第3位

3位は『タコピーの原罪』のタコピー。支持率は約10パーセントでした。

タコピーは地球にやってきたハッピー星人。小学生の久世しずかと出会い、彼女を笑顔にするために奮闘します。読者からは「可愛い見た目のキャラクターなのに衝撃的な展開だったので印象に残っています」や「ここ最近で最も話題を振りまいたタコキャラではないでしょうか」と予想のつかないストーリーで人気を博しています。
アニメ!アニメ!のアンケートでは珍しく、アニメ化されていないマンガのキャラがトップ3に入りました。

■そのほかのコメントを紹介!!

『パズドラ』明石タイガには「たこ焼き屋の跡取り息子。小学生ながら商品として売れるレベルのたこ焼きを作れるだけでなく、私服やパジャマにもタコのイラストが入っている。タイガくん以上のタコキャラはいない!」。
『ポケットモンスター』オクタンには「魚からタコになるというシリーズでも屈指のビックリ進化をするポケモン。見た目もタコそのものなのに謎の愛嬌があります」。

『アクダマドライブ』運び屋には「仕事一筋でいつも険しい表情をしているけど、たこ焼きを食べているときは表情が崩れ、ハムスターみたいにモグモグ食べる顔が癒やしでした!」。
『HUNTER×HUNTER』イカルゴには「外見はタコなのに種族はキメラアントという蟻。さらに本人はイカに生まれたかったというややこしさが面白い。タコって言われるのが嫌いなのに選んでゴメンね」と複雑な設定のキャラクターにも投票がありました。

今回のアンケートでは見た目がタコっぽいキャラクターが人気ですが、本物のタコは意外と少ない結果に。また『ラブライブ!スーパースター!!』唐可可や『うる星やつら』面堂終太郎など、頭にタコを乗せたことのあるキャラにも投票がありました。

■ランキングトップ10

[“タコ”キャラといえば?]
1位 殺せんせー 『暗殺教室』
2位 アズール・アーシェングロット 『ディズニー ツイステッドワンダーランド』
3位 タコピー 『タコピーの原罪』
4位 イカルゴ 『HUNTER×HUNTER』
5位 はっちゃん 『ワンピース』
6位 天喰環 『僕のヒーローアカデミア』
7位 オクタン 『ポケットモンスター』
8位 キラービー(八尾) 『NARUTO -ナルト-』
9位 黄前久美子 『響け!ユーフォニアム』
10位 嵐千砂都 『ラブライブ!スーパースター!!』
10位 クロダコブラザーズ 『とんでも戦士ムテキング』
10位 スルメ 『ワンピース』
10位 たこやきマントマン 『たこやきマントマン』
10位 タッコング 『帰ってきたウルトラマン』
10位 巡音ルカ 『VOCALOID』
10位 面堂終太郎 『うる星やつら』

(回答期間:2022年6月15日~6月22日)

■ランキングトップ20

[“タコ”キャラといえば?]
1位 殺せんせー 『暗殺教室』
2位 アズール・アーシェングロット 『ディズニー ツイステッドワンダーランド』
3位 タコピー 『タコピーの原罪』
4位 イカルゴ 『HUNTER×HUNTER』
5位 はっちゃん 『ワンピース』
6位 天喰環 『僕のヒーローアカデミア』
7位 オクタン 『ポケットモンスター』
8位 キラービー(八尾) 『NARUTO -ナルト-』
9位 黄前久美子 『響け!ユーフォニアム』
10位 嵐千砂都 『ラブライブ!スーパースター!!』
10位 クロダコブラザーズ 『とんでも戦士ムテキング』
10位 スルメ 『ワンピース』
10位 たこやきマントマン 『たこやきマントマン』
10位 タッコング 『帰ってきたウルトラマン』
10位 巡音ルカ 『VOCALOID』
10位 面堂終太郎 『うる星やつら』
17位 アースラ 『リトル・マーメイド』
17位 イイダ 『スプラトゥーン2』
17位 おくたろう 『あつまれ どうぶつの森』
17位 障子目蔵 『僕のヒーローアカデミア』
17位 陀艮 『呪術廻戦』
17位 唐可可 『ラブライブ!スーパースター!!』
17位 遠山金太郎 『テニスの王子様』
17位 運び屋 『アクダマドライブ』
17位 ファットガム 『僕のヒーローアカデミア』
17位 ぷーちゃん 『ヘリタコぷーちゃん』
17位 吉田ヒロフミ 『チェンソーマン』

(回答期間:2022年6月15日~6月22日)

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。