悪魔と少女の常夜奇譚「ノケモノたちの夜」アニメ化決定! ティザービジュアル公開

マンガ『ノケモノたちの夜』が、満を持してTVアニメ化されることが決定した。これにあわせて描き下ろしのアニメティザービジュアルが公開され、原作者の星野真よりお祝いのメッセージとイラストも届いた。

『ノケモノたちの夜』は、星野真が「週刊少年サンデー」にて連載し、「少年サンデーコミックス」より全8巻が発売中のダークファンタジー。19世紀末、大英帝国の片隅で出会った不死の悪魔マルバスと不幸な少女ウィステリアが、居場所を求め彷徨う物語が繰り広げられる。

満を持してのTVアニメ化決定に際して公開されたアニメティザービジュアルには、本作の主人公である悪魔のマルバスとヒロインの盲目の少女ウィステリアが描き下ろされた。

また、原作者の星野真は「はじめて脚本打ち合わせに同席させて頂いた際、監督さん達が持っていた、付箋紙だらけの単行本が目に焼き付いて離れません」「たくさんのクリエイターさん達の情熱を受けてもう一度描かれる『ノケモノたちの夜』の旅、是非ともご視聴くださいませ」などのメッセージを寄せている。

このたび公開されたティザービジュアルを使った公式サイトと公式Twitter がオープンしたTVアニメ『ノケモノたちの夜』。今後の続報に注目だ。

<以下、コメント全文掲載>

【原作者:星野 真】

様々な方々とのご縁、運、そして情熱のお陰でなんとアニメ化という運びになりました。はじめて脚本打ち合わせに同席させて頂いた際、監督さん達が持っていた、付箋紙だらけの単行本が目に焼き付いて離れません。その後、思わず万感こみ上げ路上で号泣して顔をべちゃべちゃにしてしまい、担当さんが新しいマスクを買ってきて下さったことも忘れられません。たくさんのクリエイターさん達の情熱を受けてもう一度描かれる『ノケモノたちの夜』の旅、是非ともご視聴くださいませ。

【原作コミック情報】
『ノケモノたちの夜』全 8 巻
小学館「少年サンデーコミックス」刊
原作:星野 真
(C)星野 真・小学館/「ノケモノたちの夜」製作委員会