原作・脚本・キャラクターデザイン鳥山明先生渾身の新作映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』の公開後PVと、鳥山明先生による初解禁キャラ紹介が到着!

1984年から1995年まで「週刊少年ジャンプ」で大人気作品として連載され、常にトップを走り続けてきた日本を代表する伝説的漫画「DRAGON BALL」。2015年に原作者・鳥山明原案による新シリーズ「ドラゴンボール超」がスタートし、映画では2013年に17年ぶりの劇場版シリーズが復活し立て続けに大ヒットを連発する中、前作『ドラゴンボール超 ブロリー』は全世界興行収入135億円超えとなる「ドラゴンボール」史上最大のヒットを記録。常に高みを目指し進化し続けてきた「DRAGON BALL」シリーズの最新作映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』が6月11日(土)に公開!

公開週の土日には動員数50万人、興行収入6.7億円を超え、動員数・興行収入ランキング共に堂々の1位を獲得。20日には、興行収入が12億円を突破し、SNS上では「スーパーヒーローだよ!最高!」「開始5分でもう一回観たくなりました」「ドラゴンボールで泣くと思わなかった」といった、熱量の高いコメントが数多く寄せられています。

この度、公開後PVが遂に解禁! 悟飯&ピッコロの新たな姿、そして“最悪の存在”の正体が明らかに!

今回解禁となった公開後PVでは、悟飯&ピッコロ、人造人間ガンマ1号&ガンマ2号の未体験の映像で表現されたバトルや、悟空とベジータの大迫力のバトルシーンが描かれつつも、本作の魅力でもある鳥山明ワールド全開の神龍とブルマのコミカルなやり取りが見られます。



・映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』公開後PV

https://youtu.be/A7GWuLQnDPY

そして、すでに解禁されていたピッコロ(潜在能力解放)を超えた《オレンジピッコロ》の姿が映し出され、レッドリボン軍が生み出した“最悪の存在”の《セルマックス》と大激闘! 一目見ただけで強さと恐ろしさが伝わる、最凶兵器・セルマックスに立ち向かうピッコロは外見がオレンジ色になるだけではなく、巨大化し、セルマックスと死闘を繰り広げます。

ピッコロのピンチに遂に悟飯も眠っていた力を発現させ、《孫悟飯ビースト》の姿に! 髪は銀髪、瞳は赤くなり、さらにはすさまじいオーラを放つその姿は、普段の悟飯からは想像もできない荒々しさが感じられます。

鳥山明からも今回初解禁となった3キャラクターについてコメントが到着!

孫悟飯ビースト、オレンジピッコロ、セルマックスについて、原作・脚本・キャラクターデザインを務めた鳥山明先生からコメントが到着。




ドクター・ゲロが生み出した強敵を再度強力に作り変えた<セルマックス>、「僕の一番好きなキャラ」として紹介したピッコロは「ようやく悟空達に匹敵するほどの戦闘力を手に入れた」という<オレンジピッコロ>の姿に、そしてデザインが意外と好評だったという、内なる野獣が目覚めたような<孫悟飯ビースト>の3キャラクターについて、「『オレンジピッコロ』というネーミング、センスのないピッコロらしいでしょ?」などユーモアを交えながら、それぞれのこだわりや制作秘話について語っています。

第2弾入場者プレゼント『鳥山明描き下ろし ビジュアルクリアボード』の絵柄2種も公開!

シークレットとなっていた6月25日(土)~全国の劇場で配布中の第2弾入場者プレゼント「鳥山明描き下ろし ビジュアルクリアボード」の絵柄2種も解禁!




1枚目はオレンジピッコロの迫力ある姿が描かれ、2枚目はセルマックスとガンマ2号が激突した本編の印象的なシーンが描かれています。まだ手に入れていない人は劇場に急げ!

(※劇場により数に限りがございます※2 種ランダム配布です。お選びいただけません)

強敵を前に世界を救うため、さらなる境地へと達した悟飯とピッコロの戦いが未体験の超美麗映像で描かれる、まさにドラゴンボール史を塗り替える、映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』。鳥山明先生も「ひとことで言って、スゴいアニメ映画です!」と大興奮の映像クオリティで展開される”超バトル“をぜひ劇場で体感してください!

関連記事:

野沢雅子×古川登志夫「悟飯はお父さんの悟空よりもピッコロさんが大事」「実はピッコロが悟飯を好きでしょうがない」『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』敵役キャストに「手加減しろ」と言った過去も!?

https://otajo.jp/108578

“日常ドラゴンボール”で懐かしい!? 映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』神谷浩史&宮野真守インタビュー「答えはもう用意されていた」鳥山明が描くキャラの魅力とは?

https://otajo.jp/108825[リンク]

庭付き一戸建てのピッコロの豪邸が「不動産物件として見どころ(笑)」映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』キャスト登壇初日舞台挨拶レポ

https://otajo.jp/108518[リンク]

野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー

https://getnews.jp/archives/2113746[リンク]

■作品紹介

全世界興行収入 135 億円のメガヒットを記録した『ドラゴンボール超 ブロリー』(2018)。

それから 4 年——。

「ドラゴンボール超」シリーズの最新映画がさらなる「覚醒」を遂げ登場する!

かつて、孫悟空により壊滅した悪の組織〈レッドリボン軍〉。

その意志を継いだ者たちが、新たに最強の人造人間・ガンマ 1 号、2 号を生みだした。

彼らは自らを「スーパーヒーロー」と名乗り、ピッコロ、悟飯らを襲い始め・・・

の目的とは?迫りくる危機を前に、今こそ目覚めよ!スーパーヒーロー!!

【作品概要】

■タイトル:『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』

■公開表記:6月11日(土)公開

(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022 ドラゴンボール超」製作委員会

■スタッフ 原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明

■監督:児玉徹郎

■作画監督:久保田誓 音楽:佐藤直紀 美術監督:須江信人 色彩設計:永井留美子 CG ディレクター:鄭載薫

■声の出演:野沢雅子 古川登志夫 久川綾 堀川りょう 田中真弓 草尾毅 皆口裕子 入野自由 神谷浩史 宮野真守

ボルケーノ太田 竹内良太

■DRAGON BALL オフィシャルサイト dragon-ball-official.com

■DRAGON BALL オフィシャル Twitter 日本語@DB_official_jp 英語@DB_official_en

■映画オフィシャル HP 2022dbs.com

■映画オフィシャル twitter @DB_super2015