「シン・ウルトラマン」ゾーフィ役として山寺宏一の出演も公式発表「心から誇りに思います」

映画『シン・ウルトラマン』(現在公開中)の興行収入が40億円を突破。これを記念し、山寺宏一がゾーフィ役で声の出演をしていること及び山寺からのコメントが発表され、“ゾーフィ&ゼットン名場面映像”もお披露目となった。

『シン・ウルトラマン』は、“ウルトラマン”を題材に、庵野秀明が企画・脚本、樋口真嗣が監督を務める特撮映画だ。
キャストには斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴、早見あかり、田中哲司らが名を連ね、『ウルトラマン』の企画・発想の原点に立ち還りながら、現代日本を舞台に未だ誰も見たことのない“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描いている。

2022年5月13日の上映開始以来、本年度邦画実写No.1の興行成績を記録し続けてきた『シン・ウルトラマン』だが、6月26日までの45日間で遂に、観客動員269万人・興行収入40億円を突破した。
これを記念し、庵野秀明監督作『エヴァンゲリオン』シリーズの加持リョウジ役などで知られ、『シン・ウルトラファイト』『続・ウルトラファイト』でナレーション・実況も務める声優・山寺宏一が、人類の監視者かつ裁定者・ゾーフィの声を担当していることが発表に。

また、ゾーフィと、彼が地球に伴ってきた天体制圧用最終兵器・ゼットンの名シーンを集めた“ゾーフィ&ゼットン名場面映像”が公開。
映像の中で、本作のキャッチコピー「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」という言葉がゾーフィによるものだったことも明かされている。

『シン・ウルトラマン』は現在ロードショー中。

<以下、コメント全文掲載>

既に「続ウルトラファイト」と「シン・ウルトラファイト」のお話を頂いていたので、まさか本編への出演があるとは思っておらず驚きました。
マネージャーからの連絡に〈ゾーフィの声〉とあったので「全く世代じゃないから知らないんだねー。ゾフィーの間違いだよ」
と言ったら本当にゾーフィだったので再び驚きました。
キャッチコピーとなっている「そんなに人間が好きになったのか」が自分のセリフである事を知りまたまた驚きました。
人類の監視者で裁定者であるゾーフィをどう演じるか、抑揚や年齢感も含め監督陣といろいろ相談しながら、様々なパターンで収録。
最終的に1番若い感じで演じたものが採用されました。
とにもかくにも、時代を超えて生まれたこの素晴らしい作品に参加出来た事を、心から誇りに思います!

■出演:斎藤 工 長澤まさみ 有岡大貴 早見あかり 田中哲司 / 西島秀俊
    山本耕史 岩松 了 嶋田久作 益岡 徹 長塚圭史 山崎 一 和田聰宏
■企画・脚本:庵野秀明     
■監督:樋口真嗣
■音楽:宮内國郎 鷺巣詩郎  
■主題歌:「M八七」米津玄師
■製作:円谷プロダクション 東宝 カラー ■制作プロダクション:TOHOスタジオ シネバザール
■配給:東宝   ■公開:全国公開中

(C)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会(C)円谷プロ