多くのガンプラビルダーにとって、悩みのひとつであろう「武器の保管方法」。

 ディスプレイする際に持たせない武器は、小さいケースに入れたり、ジップ袋に入れたりして保管しているパターンがほとんどかと思いますが、その最適解とも言える方法が見つかったかもしれません。

 それは100円ショップで購入できる、ワイヤーネットやS字フック(またはゼムクリップ)などを使用した、手作りのディスプレイ。まるで武器庫のように整然と陳列されている様子は、ガンプラ部屋のインテリアとしても活躍しそうです。

【元の記事はこちら】

 見事なアイデアを披露してみせたのは、ツイッターユーザー・ぎんさん。日々自作したガンプラをSNSに投稿していましたが、仕事が忙しくなってきたため、ここのところ制作に割く時間が取れなくなっていました。「それなら簡単に作れるものを作って投稿しよう」と、勢いで作ったのが今回の武器のディスプレイです。

 ぎんさん自身は武器の保管方法に困っていたわけではないとのことですが、一度片付けてしまうとそうそう日の目に当たらないのは明白で、「せっかくデカールまで貼ってちゃんと作ったのにもったいない、なんとかしたいなぁ」という思いから、今回のアイデアを閃きました。

 材料は前述の通り、全て100円ショップで購入可能なもの。ワイヤーネットにすべり止めシートを被せ、結束バンドで固定します。すべり止めシートの細かな穴にS字フック(またはゼムクリップ)2つを差し、武器を掛けていくというシンプルな方法でありながら、武器がどこにあるか、一目瞭然。まさにシンプルイズベストと言える方法でしょう。



 この方法をぎんさんがツイッターで紹介すると、「めちゃくちゃいいですね!」「自分も真似させてもらいます!」といったコメントが続々寄せられており、多くのガンプラビルダーにとって、目からウロコの武器保管方法であった模様。

 完成したディスプレイについてぎんさんは、「大体想像した感じに仕上がりました。壁にかけた武器を眺めて、この武器はこいつか、とニマニマしています」と、自身も満足の様子。



 一方で、「他のみんなが作った武器棚が出来たらぜひ見せて欲しいです」と、これから作る人たちへ向けてリクエストしています。今回のアイデアはまだまだ発展途上。さらに完成度の上がったディスプレイにしていきたいと、考えているようです。

<記事化協力>

ぎ んさん(@silveriin)

(山口弘剛)