2022年5月25日(水)~5月29日(日)に上演が予定されているeeo Stage reading 朗読劇『この色、君の声で聞かせて』。

そのチームACTに出演している伊吹翔太役・上仁樹さん、渡来夢役・平松可奈子さん、君塚俊斗役・中島礼貴さん、野中アミ役・一村すみれさんの4人に独占インタビューを敢行、初日の稽古を終えた直後の感想や劇の見どころなどお話をうかがいました。

公演を楽しみにしているファンの方々へのメッセージもありますのでご覧ください!

高校生組4人に特別インタビュー!

『この色、君の声で聞かせて』は朗読劇の概念が変わる



――ご出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

上仁:僕は普段、舞台の方に出ることが多々ありまして。声で物語を届けるというのがあまりなかったので今回は新しい挑戦だなというのもあり、顔見知りの人と朗読劇を届けられるというのはすごい嬉しいなと思います。(『この色、君の声で聞かせて』は)ファンタジーではないんですけど結構群像劇というか、ストレートな程よい内容になっていますので、たとえば初めて僕らの公演に来て朗読劇を観るという方でもわかりやすくて良いと思いました。

平松:私は田邊さんの朗読劇に前回初めて出させていただいて、自分の中の朗読劇の概念がすごく変わりました。今回も同じ方の演出なので、みなさんが思っている朗読劇じゃないものを届けられるんじゃないかなってすごくうれしかったです。

中島:すごくシンプルに、トシくん(演出:田邊 俊喜さんのこと)が演出する作品に出させていただけるというのはうれしかったです。前は舞台で演出していただいたんですけど、朗読劇だとどういう感じになるのかな。でも自分の中では「トシくんが演出したら自分の中で朗読劇のイメージが変わるんじゃないか」と思って、挑戦してみたいなという気持ちがあったので、意外と乗り切れるかもと(笑)。

一村:私はトシさんの演出する作品への出演が3本目になります。最初にトシさんにこの話の「こういうの作りたいんだよね」とうかがった時に「何を考えているんだこの人は」と思って(笑)ワクワクが一番大きかったですね。



――初回の稽古を終えていかがでしたか?実際に演じてみて意識しようと思ったポイントなどございましたら教えてください。

上仁:僕の『翔太』という役と『夢』だけ心情が書かれたモノローグが出てくるんですよね。それを読むと、普通の会話の時とモノローグの時の違いをちゃんと意識した方がいいかなと。あと僕は普段あまり朗読劇に出たことがなくて、今回の初回の稽古で『聞かせるセリフ』というのをちゃんと意識して、朗読劇だからこそ人に伝えるつもりで声を届けないといけないなと思いました。僕はセリフを早口で言ったりとか、一息でこれを言いたいとかよくあったので、その癖とかを朗読劇を通して直せたらなという気持ちはあります。

平松:普通に相手と話している舞台と違って、相手がいるという体で視線を目の前に向けて演技することが朗読劇では多いんですけど、その中でもあえて目線を合わせる瞬間だとか本を離す瞬間だとかに意味が生まれると思っていて。細かいところに意味付けをして演じていきたいなと思いました。

中島:実際やってみて朗読劇は本を読みながら相手に伝えつつ、観ているお客さんにも世界観が伝わらないといけないなと思いました。今日の稽古を通して、それぞれの役ができあがっていて、それぞれの特性を生かしながら役として抱えているものが自分の中にもあるんだと。それをお客さんにもわかってもらえるようにしっかり感情を込めて、リアリティを持ってやっていきたいと思いました。

一村:本を読んでいる時にはわからなかったのですが、思春期の高校生は人によって接する態度が大人よりも変わりやすいというか。だからトシさんの演出もあるのであんまり決めずに、逆に意識せずにやってみようかなと思いました。

――今回出演される朗読劇『この色、君の声で聞かせて』はチームACT、チームVOICEに分かれ、同じ役を違う演出で演じるという新しい朗読劇となっております。今回の作品・朗読劇ならではの楽しさを教えてください。

上仁:2チームあるというのがまず難しいと思います。たぶん僕らが作るものとチームVOICEさんが作るものは別物になると思っていて、それは人が違うから当たり前だと思うんですけど解釈とか演出も変わる。今日、稽古初日を終えたばかりなのでどう変わるかはわからないです。ただ自分たちも本番を終えた後、もうひとつのチームを観てみたい気もするよね。自分たちも観てみたいし、お客さんもACTを観た後にVOICEを観てほしい。それでまたACTを観てみると色々変化を楽しめると思うので、二部構成くらいに思ってくれた方がいいのかなというのはあります。チームVOICEでもチームACTでも、役に対する熱意とかはたぶん各々同じくらいボルテージを持っていると思います。勝負でもなんでもないですけど、僕らチームACTとチームVOICEの2つが作る『この色、君の声で聞かせて』をちゃんと届けたいと思います。

平松:朗読劇は声に感情を乗せて演じるという認識でした。でも本作は演出がいつもと違って、すごい新しい朗読劇の形だなと思っていて。

みなさまに衝撃を与えられるようなものを届けられたらいいなと。

中島:僕らチームACTは声でというよりは自分の感情で動いてお芝居することに重きを置いているんですけど、それこそチームVOICEのみなさんは声を中心にお仕事をされている方。でもまったく違うものが観られるんじゃないかと。チームごとに違うと思いますし、そのあたりもすごくお客さんにも楽しんでもらえるんじゃないかと思います。

一村:今までダブルキャストといえば舞台をやっているなら舞台をやっている人同士、声優さんなら声優さん同士でしたので、舞台をやっている人と声優さんのダブルキャストというのはなかなか見たことがなかったです。作品が別物になるかもしれない。トシさんの演出もその人によって「あなたはこうだからこうやった方がいい」というものだから全然違うものになりそう。観るのがめっちゃ楽しみ!

――今回の朗読劇は高校が舞台となっていますが、もし高校時代に戻れるとしたらやりたいことはございますか?

中島:僕は共学と言いつつ工業高校で、女子もいたんですけど僕のクラスだけいなくて。そもそも女子と話すということがなかった。部活では野球をやっていたんですけど、ずっと部活を真っ直ぐやっていた感じだったので、改めて青春っていいなと感じましたね。

上仁:僕はサッカーをやっていて、ケガしてやめたんですよ。僕はそこから引きこもって帰宅部になり、アニメを観たりゲームしたりしていました。友達とカラオケ行くみたいな、そういう高校生っぽいことはしていたんですけど、高校生のうちからもっと色んなことを見ることができていればなと。たとえば絵を描くとか文学など、芸術に触れておきたかったです。

平松:高校と大学の時はずっとアイドルとして活動していて、共学ではあったんですけど男の人と歩いたりするとかはありませんでした。青春とかも本当になくて、たとえば制服を着て好きな人とデートするとか、屋上での思い出とかないまま大人になってしまった。だから制服デートとか放課後デートとかすごい憧れます。

一村:私も制服デートとかしてみたかったです。縛りとか一切なかったんですけど部活とかもやってなくて、家に帰ってアルバイトをしていました。逆にスポーツをやってこなかったので、それこそ部活でめっちゃ頑張ってたとか「うらやましいな」と思います。



――最後に公演を楽しみにしているファンの方にメッセージをお願いいたします。

一村:チームACTを観に来るお客さんは舞台を観ることが多いと思うんですけど、朗読劇ならではの演出とかまた違った体感を劇場で味わうことができる……。そのワクワク感を楽しみに来てもらえたらなと思います!

中島:あっという間の1時間半になると思います。キュッと濃縮された物語を観ていただいて一瞬で終わるというか、すごく作品にのめり込められるように僕らもしっかり表現していきたいと思います。だから楽しみにしていてほしいです。

平松:朗読劇は稽古が1日というイメージがあるかもしれないんですけど、しっかり稽古もしますし、朗読劇は声で届けるものだけれどキレイな声で届けたくないと私は思っています。役者の自分が声で届けることに意味を見出したいので、自分の格好悪い姿だとか思わず聞くのが堪えられないような声でも、役として苦しい思いや悲しい思いがダイレクトに伝わればいいなという気持ちで稽古を一生懸命頑張ります。なので朗読劇が好きなみなさんの概念が壊れたらいいなという思いで頑張っていきたいと思います。

上仁:僕らは朗読劇で表現にするにあたって、等身大の彼らを演じないとファンのみなさんも入ってこないと思う。本当に僕らが高校生になって、高校生として本を持ってようが持ってなかろうが、僕らは僕らなりの表現の仕方でみなさんにこの物語をちゃんと僕たちの声に乗せて届けられればと思っています。どうぞお楽しみに!

【あらすじ】

⾼校⽣の伊吹翔太は、学校の屋上で独り、

絵を描いている同級生、渡来夢の姿を見つける。

不愛想で言葉を交わそうとしない夢であったが、

そんな彼女に独特の魅力を感じる翔太。

はじめは暇つぶしで美術部へ入部した翔太であったが

次第に夢の持つ絵やその感性に触れ、惹かれていく。

夢もまた、明るくまっすぐな翔太に

興味を持ち惹かれていくが、彼女には翔太へ隠している秘密があって……。

同じ物を⾒ても、同じ⾊を⾒ても、

同じ気持ちを抱いているわけではない。

⾔葉を簡単に交わすことができない⼆⼈が、

その“⾊”に⾒たお互いの気持ちとは……。

公演概要



<キャスト>

チームACT

上仁 樹

平松 可奈子

中島 礼貴

一村 すみれ

井坂 仁美

榊原 徹士

鵜飼 主水

チームVOICE

汐谷 文康

会沢 紗弥

狩野 翔

吉岡 茉祐

松田 彩希

入江 玲於奈

笠間 淳

スタッフ

演出:田邊 俊喜

脚本:平野 杏奈

舞台監督:渡辺 勝樹

音楽:小林 未季

音響:田中 慎也

照明:和田 優也

美術:渡辺 勝樹

ヘアメイク:堀口 裕実子

衣装:うちだ なな

スチール撮影&デザイン:圓岡 淳

制作:MIMOZA

主催:eeo Stage / 株式会社A3

協力:toshiLOG

2022年5月25日(水)~5月29日(日)

◆チームACT公演

5月25日(水) 19:00

5月26日(木) 14:00/19:00

5月28日(土) 15:00/19:00

◆チームVOICE公演

5月27日(金) 19:00

5月28日(土) 11:00

5月29日(日) 12:00/16:00

<会場>

シアター・アルファ東京(恵比寿)

https://www.alpha-tk.com/

公式ホームページ:https://eeo.today/stage/title/irokoe

eeo Stage公式Twitter:https://mobile.twitter.com/eeo_stage

グッズページ:https://space.athree3pr.com/irokoe/

チームVOICE公演 キャスト変更ならびにチケット払い戻しのお知らせ

チームVOICE 会沢紗弥さんに新型コロナウイルスの陽性反応が確認されましたため、会沢紗弥さんはチームVOICEの全公演(5月27日(金)19:00/5月28日(土)11:00/5月29日(日)12:00公演/5月29日(日)16:00公演 計4公演)を休演いたします。なお、濃厚接触の疑いがある関係者はおりませんでした。

該当4公演は代演といたしまして、渡来夢役にチームACT 一村すみれさんが出演いたします。ご来場を楽しみにされていたお客様には、ご迷惑・ご心配をおかけしまして誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます。

キャスト変更公演の会沢紗弥さん扱いチケットをお持ちのお客様には払い戻しを承ります。詳細は下記をご確認くださいませ。

<キャスト変更公演>

■5月27日(金)チームVOICE 19:00公演(渡来夢役:会沢紗弥さん ⇒ 代演:一村すみれさん)

■5月28日(土)チームVOICE 11:00公演(渡来夢役:会沢紗弥さん ⇒ 代演:一村すみれさん)

■5月29日(日)チームVOICE 12:00公演(渡来夢役:会沢紗弥さん ⇒ 代演:一村すみれさん)

■5月29日(日)チームVOICE 16:00公演(渡来夢役:会沢紗弥さん ⇒ 代演:一村すみれさん)

※上記4公演の振替公演はございません。

※一村すみれさん扱いでのチケット購入が可能ですが、一村すみれさんの特典は付きません。

(特典付きチケットの販売はいたしません。)

<払い戻し対象チケット>

■5月27日(金)チームVOICE 19:00公演 会沢紗弥さん扱いチケット

■5月28日(土)チームVOICE 11:00公演 会沢紗弥さん扱いチケット

■5月29日(日)チームVOICE 12:00公演 会沢紗弥さん扱いチケット

■5月29日(日)チームVOICE 16:00公演 会沢紗弥さん扱いチケット

・【特典付】S席チケット

・S席チケット

・【特典付】A席チケット

・A席チケット

※応援キャスト選択時に「会沢紗弥」さんをお選びいただいてるチケットのみとなります。

※特典も合わせての払い戻しとなります。特典のみのお渡しはしておりません。

※送料は払い戻し対象外です。

※会沢さん扱いチケットの払い戻しをせずに観劇にご来場いただいたお客様には、そのまま会沢さんの特典をお渡しいたします。

※他公演への振替希望は承ることができません。別途、eeo Storeでのご購入または当日券をご購入ください。(恐れ入りますが、チケット売切れの際はご容赦ください。)

※キャスト変更に伴う「公演グッズ」のキャンセルは承っておりませんのでご了承ください。

<払い戻し受付期間>

2022年5月23日(月)~2022年5月26日(木)23:59

<払い戻し方法>

下記お問い合わせ先に、メールにて

【払い戻し希望】の旨と「注文番号」「ご氏名」「お電話番号」をご連絡ください。

チケット代金につきましては、クレジットカード決済を取り消す形でご返金をさせていただきます。

※お手元にチケットが届いている方のチケット返送は不要です。

※締め支払いのタイミングによっては一度お引き落としが行われてしまう可能性がございます。

その場合、翌月以降にカード会社からの払い戻しにて補填を行う形でのご返金となりますため、

何卒ご了承くださいませ。

※万が一商品代金を請求されてしまい、ご返金の対応も行われない場合は、一度ご利用のカード会社様までお問い合わせをいただくようにお願い申し上げます。

チケットの払い戻し詳細:https://eeo.today/store/101/specialfeature/search/product?special_feature_id=43

【お問い合わせ先】

株式会社A3 お客様窓口

MAIL:info@eeo.today

TEL:050-3665-6714