人間の食事に興味を示す猫さんは多く、隙あらばちょっかいを出すこともしばしば。猫さんにとって人間の食事は味付けが濃すぎて害があるため、食べてしまわないよう気をつけなくてはなりません。

 一切れだけ残ったピザを見つけ、そろーりと手を伸ばす猫さん。本人は目を細め、人間の目を盗んでいるようにしていますが、その動き、バレバレですよ。

【元の記事はこちら】

 犯行の一部始終を飼い主さんに見破られていたのは、ブリティッシュショートヘアのいわしくん。2021年7月生まれで、生後10か月になる男の子です。

 いわしくんは、飼い主さんの食べるものに興味津々。これまでにも、お刺身やアイスクリームなど、食べている隙を見計らってはバレないように手を伸ばし、そのたびに見とがめられた様子をTwitterに投稿されています。

 ピザを狙った今回は「テーブルの上に乗ったのはこの時だけですが、ずっとテーブルの上をウロウロしてピザを気にしていました」と飼い主さんの証言。反射的というよりは、かなり周到にピザを狙っていたことがうかがえます。

 どうしてもピザが欲しくなり、テーブルの上にやってきたいわしくんは、隙を狙って手を伸ばします。この時、辺りをうかがうように目を細めるのがクセなのですが、トライを重ねるうちに「最近はためらいが少ない大胆な犯行が増えてきたように思います」と、直球勝負に出るようになったようです。



 もちろん、いわしくんの犯行は未然に防がれたそうですが、食べている口元に手を伸ばすことはないのか聞いてみると「狙っているものが手に取られると、諦めることが多いようです」と、意外にも諦めは早い様子。あくまでも、人間の目を盗んで(盗めてないですが)興味を満たしたい、という感じのようですね。

 ちょうど飼い主さんがピザを食べながら見ていたアニメ(SPY×FAMILY)のように、いわしくんも相手をだますスパイのテクニックを学んだ方がいいのかも。大胆に動くのはいいですが、その前に慎重な状況判断が必要かもしれません。

<記事化協力>

いわし先生さん(@IWASHI_0723)

(咲村珠樹)