夜更かし中の飼い主さんがいるリビングまでやってきて、「今何時だと思ってるの……」と言わんばかりで呆れた表情を見せているのは、ミックス犬(ポメプー)のぺんたくん。

 少し眠そう&不機嫌そうな目で、飼い主さんを見つめる姿はまさに「夜更かしを注意しに来た母ちゃん」。これには思わず「夜更かししてすみません……」と謝らざるを得なかったようです。

【元の記事はこちら】

 飼い主さんがこの写真を撮影したのは23時30分ごろ。特に用事があったわけではありませんが、いつもより少しだけ夜更かしをしてリビングにいたところ、眠ったはずのぺんたくんがひょこっと起きてきたのだそう。

 一方のぺんたくんが眠るのはいつも21時ごろ。ぺんたくんが眠る部屋の電気は暗くしていましたが、リビングから漏れる光に気付いて、起きてきたのかもしれませんね。

 ぺんたくんが就寝後、明かりに反応して目を覚ますことは過去にも何度かあり、その際は飼い主さんの足元に移動して眠ったり、お腹を撫でてほしそうにゴロンと寝転がったりするそうですが、今回のように少し離れたところから「夜更かしを注意しに来た母ちゃん」のような表情で見てきたのは初めてのこと。

 心の中では「申し訳ない」と思いつつも、その姿があまりにもかわいくて、つい写真に収めずにはいられなかったようです。

 ツイッターへの投稿には「気配感じて振り向いたら親が居た時のやつw」「夜ふかしを咎めるオカンだ!」と、飼い主さん同様に「母ちゃん感」を感じた方からのコメントが相次いで寄せられ、ついた「いいね」の数はなんと10万件を超えています。



 ちなみにこの後は、ぺんたくんを優しく抱きかかえ元の場所に戻してあげると、再びスヤスヤと眠りについたので、飼い主さんも一緒に就寝。

 「この顔はとてもかわいいのでまた見たい気持ちはありますが、起こしてしまうのはかわいそうなので、無駄な夜ふかしはやめにしようと思っています」と、少し反省した様子のやさしい飼い主さんでした。

<記事化協力>

ぺんたさん(@penta_pomepu)

(山口弘剛)