庵野秀明、プロとして初めて構成・編集に関わった作品が蘇る―― HD「シン・コンプリート・サンダーバード」冒頭映像公開

『エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督がプロとして初めて構成・編集に関わった作品のHDリマスター版『シン・コンプリート・サンダーバード』が、2021年1月30日にBS10 スターチャンネルにて放送される。これに先駆け、冒頭1分間映像が初公開となった。

『サンダーバード』は、1965年にイギリスで、翌1966年に日本でも放送が開始された、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンによる特撮人形劇。
スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使し、人形の独特な動きや、ユニークな近未来的メカデザイン、人形劇とは思えないダイナミック特撮描写がテレビ界の常識を塗り替えたとも言われ、今なお世界中のファンから愛される作品だ。

現在、TVシリーズ55周年を祝して、BS10 スターチャンネルでは『サンダーバード』長期特集放送を実施しており、その第4弾となるのがHDリマスター版『シン・コンプリート・サンダーバード』の放送。
公開された冒頭1分間映像には、お馴染みの「5、4、3、2、1…」というオープニング・カウントダウンをはじめ、列車や超高層ビルなどが巻き込まれる大迫力のシーンや、国際救助隊がスーパーメカ「サンダーバード」を使ってレスキューに当たる手に汗握るシーンが描かれている。

HDリマスター版『シン・コンプリート・サンダーバード』は、2021年1月30日21時よりBS10 スターチャンネルにて放送。

<以下、コメント全文掲載>
構成・編集 庵野秀明

1985年に描いていたが叶わなかった構成と編集を、オリジナル音楽音源の発掘とデジタル編集技術によるバージョンアップで当時の想い以上に出来たことに、改めて感謝します。
ありがとうございました。

本作は37年前にやり遂げられなかった仕事の延長ですが、改めてサンダーバードのメカの魅力や物語の面白さを集めて紡ぎました。
御覧頂けると、幸いです。

Thunderbirds and (C)ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.