スーパーに入店早々、ダッシュする息子!(ちくまサラさん提供)

【マンガ】買い物中、2歳の息子がじっとしていない! 何度もダッシュされ「待って!」共感の声続々 本編を読む

「魔の2歳児」との買い物は地獄だった! しかし「神の使い」が現れ?

 6歳の娘・ムーコと2歳の息子・ナナオを育てている、ちくまサラさん(@chikumababy)。今回、夫が子供ふたりを連れて買い物に行った時の騒動を描いたマンガがTwitterで反響を呼んでいます。店に着くと同時にダッシュする息子。そして娘と夫がトイレ中、息子がまたもや脱走、行方不明になり……?

 ちくまサラさんはブログ『千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~』で公開したマンガをTwitterでも再掲載しています。今回のマンガ『子供2人連れて買い物に行った夫が、地獄の中で神の使いたちに会った話。』がTwitterで公開されると、多くの共感とねぎらいの声が集まりました。

 読者からは「お父さんお疲れ様」「分かります」「共感しすぎて涙が出た」「昔の我が子を思い出した」「こうやって周りの助けがある世界素敵」「神の使いありがとう」「子育てしてると、同じ子連れで困ってる人には声をかけちゃう」「神の使いになる準備は万端です」などの声があがりました。

 作者のちくまサラさんに、お話を聞きました。

ーー今回のエピソードをマンガに描こうと思ったきっかけを教えて下さい。

 夫から話を聞き、その光景が鮮明に浮かんできたのでマンガにしました。隙あらばネタにしようと考えながら日々暮らしているので、このエピソードはマンガにするしかないと思いました。

ーー子供連れでの買い物は本当に大変ですよね。旦那様がお子さんふたりを連れて買い物に行ったのは今回が初めてだったのでしょうか?

 今までにも何度か連れて行ってましたが、下の子がまだおとなしかったので大丈夫でした。しかし今回は「自分の好きにしたい期」が来てしまい、手に負えなくなってしまったようです。

 少し前からなんとなく片鱗は見えていたので、それを予測できずに連れて行ってしまった自分がバカだったと後悔していました。



息子がいなくなったその時、「神の使い」が手を差し伸べる(ちくまサラさん提供)

ーー周囲の方々の協力が素晴らしいですね。今回の一件について、ちくまサラさんと旦那様でどんなお話をされましたか?

 私自身、そこまでの「神の使い」に出会ったことがなく、特に袋詰めをしてくれた方に関しては「そんなことしてくれる人いるんだ」と驚きました。夫も「ちゃんと肉をポリ袋に入れてくれてる……」と感動していました。ふたりで感謝しました。

ーーたくさんの感想が寄せられています。特に印象に残った読者の声について、教えて下さい。

「自分も神の使いになろう」という感想がとても多くて、こんなに優しい人たちがいっぱいいるんだと感激しました。

 また、「自分も神の使いに会った」という体験談も寄せられ、それを見た人が「困ってる子連れの人にどう手を差し伸べたらいいのか分からなかったけど、こうすればいいのか」と反応してくれたこともうれしかったです。

ーーブログやTwitterで精力的にマンガを公開なさっています。創作するうえでの原動力になるものはありますか?

 やはり読者さんの声です。泣きたくなるくらい大変だったことでも、読者さんに笑ってもらえたり「あるある」と言ってもらえることで、自分のなかの記憶も「つらかった」から「笑ってもらえた」に書き換えることができるので救われています。

 また、私は普段から、ほんわかエピソードではなく大変だったエピソードを多めに描いているのですが、「うちの子も同じです。大変な思いをしているのが自分だけじゃないと分かって涙が出ました」という、孤独でつらい育児をしている親御さんからコメントをいただくこともあります。そういう方の助けにもなれたらと思って描き続けています。