大きい動物と小さな子というのは、心がほっこりする定番の取り合わせ。意外と小さい方が大胆で、大きな方が世話をやりたりするものです。大きなハスキーの女の子が、自分の前足を枕に子猫が寝てしまい、ちょっと困惑している様子がTwitterに投稿されました。

【元の記事はこちら】

 シベリアンハスキーのユキちゃんは、Twitterユーザーのかもしかさん宅で暮らしている5歳の女の子。かもしかさんのお家にはユキちゃんのほか、猫さんたちも一緒に暮らしています。

 ユキちゃんはお家に子猫がやってくると、お世話をしたり遊び相手になったりと、お姉さんというより「お母さん」といった感じで接しています。



 そんなユキちゃんにお世話されているのは、生後2か月ほどになる子猫のサンちゃん。かなりの体格差があるのですが、とっても仲良しの関係を築いています。



 ある時、遊び疲れたサンちゃんは、ユキちゃんの腕枕でスヤスヤと寝てしまいました。起こしちゃ悪い……と思ったのか、ユキちゃんはちょっと困惑した感じで、撮影しているかもしかさんに目線を送っています。人間でも、抱っこしている赤ちゃんが寝付いてしまうと、どうしようか考えてしまうことがありますけど、ちょうどそんな心境みたいですね。



 眠っているサンちゃんの表情もリラックスして、すっかり信頼しきっている様子。こんな顔を見せられたら、安眠を妨げないように動くのを我慢しちゃうのも分かります。

 飼い主のかもしかさんによると、この体勢は5分ほど続いたとか。 自分のしたいことを我慢して、眠る子猫ちゃんに付き合ってるなんて、ユキちゃんは本当に優しいお母さんみたいですね。

<記事化協力>

かもしかさん(@b09a2032c)

(咲村珠樹)