『風の谷のナウシカ』ユパ様は意外と若い45歳

【画像】年齢を聞くと「若っ!」と思ってしまうキャラたち

ケンシロウは未成年! 「少年マンガ」の主人公とはいえギャップに驚愕

 マンガやアニメの「あるある」として、キャラクターの公式年齢が想像以上に若いというものがあります。有名なところでいえばアニメ『サザエさん』に登場するアナゴさんでしょう。はちきれんばかりの貫禄とはうらはらに、その年齢はなんと27歳。若手社員もいいところだったのです。ですが、これはほんの一例です。この記事では印象と実年齢にギャップのあるアニメキャラや、「年相応」にも思えるキャラを一気に紹介します。

80年代までは…「見た目より若い」キャラクターがたくさん!

『北斗の拳』(原作:武論尊、作画:原哲夫)の主人公・ケンシロウの年齢ですが、連載開始時点で17、18歳だったとのこと。「週刊少年ジャンプ」で連載されていたことを加味しても、なおはみ出すその迫力。『ジョジョの奇妙な冒険』(著:荒木飛呂彦)の第3部主人公・空条承太郎もほぼ同年齢です。ただ、ケンシロウと違い、承太郎は学ラン姿ということでなんとか収まりがききます。また『聖闘士星矢』(著:車田正美)の星矢は公式設定で13歳。

 次に、大人キャラにも目を向けましょう。初代『宇宙戦艦ヤマト』(著:松本零士)の沖田十三艦長。顔をおおうほどの立派な白ひげをたくわえた、なんとも老獪な雰囲気の沖田艦長ですが、年齢はおおよそ50代前半とのこと。(諸説ありますが)過去の歴戦ぶりがうかがえます。また同じ「ひげ」仲間でつながれば『風の谷のナウシカ』のユパ様はなんと45歳。さすがはナウシカの師にして百戦錬磨の剣士です。

 比較的最近の大人キャラも確認していきましょう。『鬼滅の刃』(著:吾峠呼世晴)に登場する柱たちの年齢はというと……炎柱・煉獄杏寿郎は20歳。蟲柱・胡蝶しのぶは18歳とあまりの若さに腰が浮きます。岩柱・悲鳴嶼行冥が最も年長ですが、それでも27歳でした。

逆に…イメージ通り「年相応」のキャラは?

 むしろ印象通りだったキャラクターで思い浮かぶのは誰でしょうか。例えば『クレヨンしんちゃん』の父ひろしの年齢は35歳。働き盛りのパパというキャラ設定に対しこの年齢はしっくりきます。ちなみに母みさえは29歳という設定。白髪やしわを気にしている描写が多いぶん、驚いた方も多いのではないでしょうか。

 また『新世紀エヴァンゲリオン』の葛城ミサトもみさえと同じく29歳。諸々の世界観はさておき、自室の冷蔵庫がビールだけという描写は仕事に忙殺されているアラサーの描き方としてはむしろリアルです。

『ONE PIECE』(著:尾田栄一郎))でいえば「新世界編」以降のニコ・ロビンは30歳という設定。サングラスをひたいにのせてもなんら違和感ない大人な雰囲気、確かにこの落ち着きは20代で出すことはできなかったはず。

 ということで見た目より年齢が若いキャラクターと、年相応に思えるキャラクターをやや主観強めながらご紹介してまいりました。ちなみにアニメ『巨人の星』(原作:梶原一騎、作画:川崎のぼる)の星一徹は一説によれば30代なのではないかといううわさもあるようですが……真相は謎のようです。なお筆者がここまで調べてきて最もしっくりきたのはアニメ『忍たま乱太郎』の山田先生の「46歳」でした。絶妙です。

※煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記