『鬼滅の刃 無限列車編』 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

【動画】禰豆子のアゴが…! 驚愕の映像

全員の奮闘の先に待っている…衝撃の展開

 2021年11月14日、TVアニメ『鬼滅の刃 無限列車編』の第5話「前へ」が放送されました。列車と同化し、巨大化した鬼・魘夢(えんむ)。乗客200人を守りながら鬼を討つという過酷な状況で、炭治郎以外の仲間も夢から覚醒し、鬼を追い詰めていきます。今回、気になる新規カットはあったのでしょうか。

全員の戦闘シーンが見られる貴重な回

 数ある名シーンがある『鬼滅の刃 無限列車編』のなかで、第5話は非常に貴重な回でした。というのも、炭治郎、伊之助、善逸、禰豆子、煉獄全員の戦闘シーンが収録されていたのです。「無限列車編」では炭治郎の水の呼吸、煉獄の炎の呼吸の演出が多いなか、善逸の戦闘シーンも追加されて、とにかく戦闘描写のバリエーションが豊富でした。

 禰豆子の献身的な戦いも、気持ちを揺さぶります。今回、禰豆子の戦闘シーンが新たな新規カットとして、かなり多めに追加されていました。その奮闘がおおいに追加されていたからこそ、彼女のピンチに駆けつけた善逸の登場がより際立っていた気がします。

 なかでも、とりわけ顕著な活躍だったのが伊之助。炭治郎のピンチを救い、魘夢の術を防ぎ、かつ乗客を守る。初登場で暴虐のかぎりを尽くしていた彼が、ここまで人間味を発揮するとは……。彼の活躍を見るときは、「こんなに大きくなって……」と、どこか親の気分を味わっている自分がいます(笑)。

 第5話は、炭治郎の語りとともに伊之助、善逸、禰豆子のシーンが追加され、4人にフィーチャーされた回となりました。Netflix版では、炭治郎が禰豆子に声をかけるシーンも増えていました。劇場版、TV版ではなかった演出だったので、ぜひ比較してみてください。

映像だからこそ伝わる煉獄の強さ

 第5話は、彼らの活躍を縁の下から支える煉獄の「強さ」も垣間見えます。鬼が異変に気付くほどの攻撃を一瞬で加え、激しい動きは車両すら揺れるほど。ごうごうと燃える炎とともに戦う彼の戦闘は、わずかな時間で炭治郎たちとは格の違う強さを持っていると理解させるものです。動きのある映像だからこそ際立つ、煉獄の強さが伝わる演出ですよね。

 そして……。次話からいよいよ煉獄の本格的な戦いがはじまります。全編見どころしかない圧倒的な戦闘シーンに、涙腺を崩壊させる展開の数々。すでに劇場版を観た方々にとっては、もう一度観たい気持ちもあるし、観たくない気持ちも強いかもしれません。それだけの名シーンに、いったいどんな新規カットが追加されるのか。第6話のサブタイトルは「猗窩座」。複雑な気持ちを抱きながら、放送を待ちたいと思います……!

※禰豆子の「禰」は「ネ」+「爾」が正しい表記
※煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記