gooランキングから「今一番熱いジャンプ&ジャンプ+の作品ランキング」が発表されました! 上位には『僕のヒーローアカデミア』『SPY×FAMILY』『Dr.STONE』などがランクイン。1位に輝いたのは?

gooランキングから「今一番熱いジャンプ&ジャンプ+の作品ランキング」(2021年調査)が発表されました!

漫画ファンにはおなじみの少年漫画誌『週刊少年ジャンプ』。
スマートフォンでの読書が当たり前になった近年では、同誌の連載作品に加えて、さまざまなオリジナル作品が読めるアプリ『少年ジャンプ+』も人気を集めていますよね。
そこで今回は、今一番熱い『週刊少年ジャンプ』&『少年ジャンプ+』の作品はどれなのかについてアンケート調査とランキング化がおこなわれました。

ランキング結果をもとに、numan読者や関係者に調査を実施。
みんなの熱いコメントと共に、ランキングをお届けします♪

10位~7位

10位『夜桜さんちの大作戦』(権平ひつじ)。
9位は『PSYCHO-PASS サイコパス 3』(原作:サイコパス製作委員会、漫画:橋野サル)。
【怪獣警報】第3部隊の前に『怪獣8号』現る≪公式PV-4式≫
via www.youtube.com
8位は『怪獣8号』(松本直也)。
怪獣が人々の日常生活を破壊する“怪獣大国”・日本が舞台。主人公・カフカは防衛隊員を目指していたものの、あるきっかけから自らが怪獣に変身してしまう…という物語です。
「次にくるマンガ大賞2021」では、Webマンガ部門1位を獲得しました。    
numan読者からも「面白くていっき読みしてしまいました!更新を毎話心待ちにしています」とコメントが届きました。


DVD『Dr.STONE ドクターストーン Vol.1 』
via DVD『Dr.STONE ドクターストーン Vol.1 』
7位は『Dr.STONE』(原作:稲垣理一郎、作画:Boichi)。
舞台は全人類が一斉に石化してしまった未来の地球。
石化から目覚めた主人公・石神千空が、持前の膨大な知識を活かし、科学の力で全人類の復活を目指します。
2019年にはテレビアニメも放送され、続編の制作も決定。
numan読者からは「全部の科学発明にどきどきします。科学系の知識がまるでない私でも、本当に楽しく読めます」というコメントが届きました。

(広告の後にも続きます)

6位~4位

6位は『おいしいコーヒーのいれ方』(原作:村山由佳、作画:青沼裕貴、構成:雀村アオ、挿画:結布)。
主人公・勝利、いとこ・かれんと弟の丈による同居生活を描いた作品。
原作小説の第1巻発売は1994年。長年に渡り、幅広い層の読者から支持を集めています。
numan読者からは「小説のファンだったので読み始めましたが、原作の空気感がそのまま描かれています」と絶賛コメントが寄せられました。


DVD『HUNTER × HUNTER ハンターハンターVol.2』
via DVD『HUNTER × HUNTER ハンターハンターVol.2』
5位は『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博)。
主人公・ゴンが、まだ見ぬ父の職業であるハンターとなって成長していく物語。
独特な世界観、仲間たちとの絆、迫力のバトルシーンなど見どころ満載の大ヒット作です。
numan読者は「子どものころからわくわくして読み続けています。キメラ=アント編の描写は怖かったですね……容赦ない展開に怯えつつ、虜になっているんだと思います」と語りました。

4位は『SPY×FAMILY』(遠藤達哉)。
元は赤の他人だったスパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女が、それぞれの本性を隠しながら家族として暮らすスパイアクション&ホームコメディ。
『少年ジャンプ+』掲載作品として、閲覧数やコメント数、コミックスの発行部数など最高記録を次々樹立した話題作です。
numan読者からは「キャラクターが全員魅力的で最高です。早くアニメが観たいです!」と熱い声が届きました。