『鬼滅の刃』では、最強(凶)の鬼・累の二面性を見事声で表現した内山昂輝さん。そのほか、『ヒロアカ』死柄木や『Free!』の桐嶋郁弥、『ばらかもん』の木戸浩志役などその優しい声色を活かしさまざまなキャラクターを演じてきました。本記事では、そんな内山さんの魅力に迫ります!

新作「遊郭編」の放送が決まったアニメ『鬼滅の刃』。放送局にフジテレビ系列が加わったことにより9月2週目以降の土日祝日には各編の特別編集版や劇場版が地上波で放送され、SNSはキャラクター名やセリフの数々がトレンド入りする鬼滅祭り状態に。

9月19日には、神回として取り上げられることも多い19話を含む「那田蜘蛛山編」が放送されました。
なかでも最強(凶)の鬼・累が見せた「家族の絆への執着」に、狂気を感じた人も少なくないと思います。その異常性を見事に声で表現していたのが、内山昂輝さんです。

キャラクターの闇とその背景、心がとける変化を声で魅せる



TVアニメ『鬼滅の刃』第20話場面写真より
via TVアニメ『鬼滅の刃』第20話場面写真より
内山さんが演じた累は、感情がとても読みにくいキャラクターです。淡々と残酷な言葉を吐く様子からは、得体の知れない、倫理観が通用しない、そんな絶対的強者感が漂います。

その反面、執着している家族の絆が偽物だと炭治郎に指摘された時は、感情を囲っていた分厚い壁が一瞬で破壊され、怒りをあらわにするのです。また禰豆子が累の攻撃から炭治郎をかばった時には、声を震わせながら目を輝かせていました。

この「思い通りにならないことを受け止められない様子」と「興味の対象への無邪気な好奇心」に、絶対的強者とは思えないほどの幼稚性を感じるのです。

同じような対称性を持つ役に、『僕のヒーローアカデミア』の死柄木弔も挙げられるでしょう。彼もまた、絶望的で絶大的な悪のカリスマ性を誇る「崩壊」という個性を持つキャラクターです。

しかし初期の頃は、自分の思い通りにならなければ感情を制御できなくなる、自分の目指すべき道が見えた瞬間に心の底からの(激怖い)笑顔を見せるといった幼稚な側面を見せていました。

鬼となった累は、長い時を生きています。また死柄木も20歳の大人です。

にもかかわらず幼い子どもっぽさを感じるのには、「家族に愛されたかった」という強い願望を持ちながらも、家族とのつながりを自ら切ってしまったという壮絶な過去を抱えて生きてきたことが大きく影響しているでしょう。

敵以外のキャラクターでも、『さらざんまい』の久慈悠は、大切な兄とのつながりを断ちたくないがために、視聴者の遥か上を行く壮絶な過去を引き起こしています。
また『彼方のアストラ』のウルガー・ツヴァイクも、唯一自分を愛してくれた兄の復讐を果たすことが生きる意味となっているキャラクターです。

より日常に近い役どころであれば、『Free!』の桐嶋郁弥もこの属性に含まれるでしょう。
依存に近い憧れを抱いていた兄の「仲間と泳ぐ楽しさを知ってほしい」という想いを、郁弥は突き放されたと受け止め、兄はもちろん周囲との関係をこじらせていました。



Blu-ray『さらざんまい 2(完全生産限定版)』
via Blu-ray『さらざんまい 2(完全生産限定版)』
このように内山さんは、「キャラクターが抱える大きな闇」だけでなく「背景にある純粋さ」をも声だけで見事に表現できる声優なのです。

さらに内山さんが演じるキャラクターの「心がとける変化の様子」にも注目を。
前述で紹介した死柄木以外のキャラクターたちには、感情の起伏や他者との交流があまり表現されないという共通点があります。
そんなキャラクターたちが周囲とのかかわりの中で心が溶けていく様子も、徐々に棘がなくなっていくような声色で表現しているのです。この優しい声の心地よさも、内山さんの魅力の1つでしょう。

(広告の後にも続きます)

確かな演技力と柔らかな声で幅広い役をこなす

内山さんの優しい声は、二面性のあるキャラクターだけの特権ではありません。

たとえば『風が強く吹いている』で演じた神童こと杉山高志は、初心者ばかりの大学駅伝チームを影で支える、絵に描いたような好青年です。
なにかとトラブルが起こりがちなストーリーの中で、神童の常に穏やかな声に癒されていた作品のファンもいるのではないでしょうか。神童が東北の山村出身ということもあり、その地方を感じる方言が聞けるのもポイントでしょう。

『ばらかもん』の木戸浩志役でも、この柔らかな声と方言をセットで堪能できます。高校生のカッコつけたい年相応感と、素朴でゆるい島の人の絶妙なバランス感が楽しめる作品です。



DVD『ばらかもん 第二巻』画像
via DVD『ばらかもん 第二巻』より
さらに内山さんに対して、優しい声の印象だけでなくナルシスト俺様キャラの印象を持っている人もいるでしょう。

『甘城ブリリアントパーク』可児江西也役や『Charlotte』乙坂有宇役で見せた自信にあふれる男の子のハツラツとした声は、闇を抱えがちな役柄とのギャップが大きく、役柄の幅広さを感じさせてくれます。

また『Devilman Crybaby』の不動明役は、新境地開拓かと思うほどの演技を届けてくれました。
普通の高校生が悪魔を憑かれてワイルドになった様子が、獣みあふれる声への変貌で見事に表現されています。「これまでにない内山昂輝」を感じさせてくれる一作だと言えるでしょう。