アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)第994話を振り返り! 菊之丞とカン十郎の一騎打ち。切なすぎる戦いのゆくえは……。一方、今週もヤマトの可愛さとお色気に視聴者はメロメロ!?

尾田栄一郎先生原作のTVアニメ『ONE PIECE』(ワンピース)。10月3日に放送された第994話は「赤鞘一騎打ち 菊之丞VSカン十郎」。

ヤマトのサービスショットに、誰もが釘付けに……!? ルフィとのコンビ感も話題に。
また、菊之丞とカン十郎の戦いにも注目が集まりました。視聴者の感想は?



DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 画像
via DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 より

ルフィとヤマトのツーショットに好感

カイドウを倒すという目的が一致し、共に行動し始めたルフィとヤマト。
二人の組み合わせが視聴者の間で「性格が似てる」「表情も似てる気がする(笑)」「いいコンビ!」と話題になっているようです。

確かに、自身の主張を貫く意志の強さとまっすぐさ、考えるより先に体が動いてしまうようなところは共通しているかも。
そんな彼らが一緒になって屋根裏からちょっこりと顔を覗かせる姿は可愛らしかったですね。

とはいってもやはり、予測不能なルフィの破天荒ぶりと自由な行動には、さすがのヤマトも押され気味。まだ出会ったばかりの二人が少しずつ理解し合い、息が合っていくのが楽しみですね。

(広告の後にも続きます)

ヤマトの胸元が…ルフィに総ツッコミ!

そして今週も、ヤマトの可愛さには多くの視聴者がメロメロ。
カイドウがオロチを斬り伏せるシーンや菊之丞とカン十郎の対決と、穏やかでないストーリーの中でヤマトの麗しさは癒しとなりました。

なかでも、今回はサービスショットが目を惹きました。

特にルフィがモモの助のところにいくぞと声をかけるシーン。ルフィがヤマトの胸ぐらを掴むのですが、引っ張り方がかなり大胆……!
SNSには「ルフィどこ引っ張ってんのw」「いや危ない〜!」「そこ変われルフィ」「こら!ルフィ!」「ヤマトちゃんにそんなことするなんて許せない。もっとやって」など、ルフィの行動を叱りつつも喜びが隠せない感想が続々呟かれていました。

ルフィの異性を気にしない性質と、ヤマトがきっぱりと男性を名乗っている大前提があるからこそ成り立つ健全なサービスショットは、男女問わず注目を集めました。