アニメ『ダイの大冒険』第51話「アバン流究極奥義」 。新しく変わったOPとEDが話題になった今回、ほか見どころのポイントやみんなの感想は?

『ダイの大冒険』第51話は「アバン流究極奥義」。バランと対峙するヒュンケル。彼の覚悟や、クロコダインの胸に迫る言葉、そして人間ではないはずのヒムが見せた涙など、見どころたっぷりの第51話でした。

また、新しく変わったOPとEDも「最高にエモい」と話題に! ほか視聴者が盛り上がったポイントをSNSの声とともに振り返ります。



ドラゴンクエスト ダイの大冒険 アニメ公式サイトより
via dq-dai.com

新OP&新EDが最高にエモい…キャスト陣も涙

今週からオープニングとエンディングが新しくなった『ダイ大』。新OPである向井太一さんの楽曲「Bravest」に、これからの展開に期待をもたせる新映像を見た視聴者は「新opマジでやばくて泣いた」「エモいですねぇ…」と、大興奮。

いっぽう、新EDであるハンブレッダーズの楽曲「名前」については歌詞がバランのダイに対する心境を思わせるという感想が。
「完全に泣かせに来てる…!」「あまりに良過ぎて本編の感想全部吹っ飛んでしまった」「前半はポップの歌っぽいけど後半は完全にバラン」「歌詞、色んな解釈が出来て良い」と、涙腺がユルユルになってしまった人が続出。

この新OP/EDをキャストの皆さんも収録前に見たようなのですが……Vジャンプチャンネルにて公開されている『ダイ好きTV#42』では種崎敦美さん、豊永利行さんも新OPと新EDに対する想いが爆発。

現場で見たあとは、キャストの涙が止まらず収録が遅れた……というエピソードも、おふたりから明かされていました!

【種﨑敦美&豊永利行】ダイ好きTV#42【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】
via www.youtube.com

(広告の後にも続きます)

ヒム・三木眞一郎さんの演技に感服…!

本編では緊迫したシーンが続きます。
ヒムとアルビナスの前で血を吐き、このまま戦い続ければ長くは持たないと語るハドラー。自分が死ねばヒムたちも死ぬことになると詫びます。
ヒムは「ハドラーのために死ねるなら本望」と号泣、その涙に驚くハドラーとアルビナス。

「ハドラー様の覚悟にヒムたんの涙が…」「それだけハドラーへの想いが、強いのか」「この熱さがヒムの魅力」と、視聴者も熱いものを感じたようです。

また「ヒムのダイ達への態度とハドラーへの態度の演じ分け、やはり素晴らしい」「ヒムの喋り方、ハドラーを意識しているのかな」と、ハドラーの武人たる性格を色濃く受け継いだヒムの特性をあますところなく表現する三木眞一郎さんの演技が絶賛されていました!