週刊少年ジャンプ43号に掲載された『ONE PIECE』第1026話“天王山”。再びカイドウと対峙したルフィ。その一撃に読者が唖然…! シャンクスや白ひげに並ぶハイレベルな戦いに読者が騒然としているようです。熱すぎる名言にも注目です。

週刊少年ジャンプ43号に掲載された『ONE PIECE』第1026話“天王山”​では、ルフィが再びカイドウと対峙します。

その最初の一撃で、天が割れた……! シャンクスや白ひげらを彷彿とさせるハイレベルな戦いが読者を興奮の渦に巻き込みました。戦いをいっそう盛り上げた、胸熱な名言にも注目です!



『ONE PIECE』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトより
via www.shonenjump.com

ルフィの一撃で天が割れた…!これが意味するものは

完全復活を遂げたルフィは、再びカイドウと対峙します。
その最初の一撃の余波が雲を切り裂き、天を割ったのです……! この描写に読者は騒然。

なぜなら、これまでに戦いの中で“天が割れる”という状況が起きたのは、シャンクスと白ひげがやり合った時、ビッグ・マムとカイドウがやり合った時だけ。(ロジャーと白ひげがやり合った時は天が割れる描写がなかったのでカウントせずにおきますが、あの衝撃であれば天も割れていた可能性が高そうです……。)

特に今回は、白ひげvsシャンクスを彷彿とさせるセルフオマージュのような、あの頃からの伏線回収のような、そんな雰囲気が漂っていました。

少し前には、ロジャーと白ひげのように覇王色を纏って触れない戦いを体得したシーンが登場したことも話題をさらいましたが、そんな四皇同士のハイレベルな戦いを、ルフィもできるようになったということ。ルフィの戦闘力は、今や四皇と並んだと捉えて良いでしょう。

SNSでもやはり、「天が割れた!?!?」「鳥肌が止まらなかった……」「ルフィカッコよすぎでしょ」と大興奮!

ほか、「シャンクスと白ひげの戦い思い出した!」「ルフィはもう作中最強クラスってことか」「ルフィもついにここまでの大物になったってことか」「すごい……どんだけ強くなったのか分かるね」「天が割れる戦い、唯一ルフィだけ素手なの凄すぎるでしょ」など、ルフィの爆発的な成長に感動するコメントが多数見受けられました。



DVD『ONE PIECE ワンピース 20THシーズン ワノ国編 piece.18』画像
via DVD『ONE PIECE ワンピース 20THシーズン ワノ国編 piece.18』より

(広告の後にも続きます)

「生きてんだから 無限にあんだろ!!」痺れる名言も連発

頼もしすぎたルフィ、第1026話では彼が発するセリフも痺れるものばかりでした。

カイドウを恐れ逃げ腰なモモの助をあえてカイドウに噛みつかせての「お前が噛み付いたのは「四皇」だぞ!!」「この世にまだ恐ェもんがあんのか!!?」。

続いて「カイドウにはおれが!!」「必ず勝つ!!!」という宣言。これにはルフィと競い合っていたはずのキッドも思わず「当然の話だろ」とこぼしました。

そして何といっても、カイドウに勝てる可能性があるのかと尋ねられた時の「生きてんだから 無限にあんだろ!!」という返し。
SNSでは「小さめのコマだけどめちゃくちゃ刺さった」「めっちゃいい言葉だな……」「現実社会で生きる人をも奮い立たせてくれるいいセリフ」「ルフィらしい。激アツ!」「私がONE PIECEから学んでることってこれだ! って思った」「これは名言ランキングトップクラスに食い込んでくる」など、多くの読者がこの力強い言葉に感銘を受けたようです。