ダメ親父と聞くと、『クレヨンしんちゃん』のひろしを思い浮かべる人も少なくないはず。足が臭いなどマイナス面も多いひろしですが、実は優秀という噂があります。意外とハイスペックなひろしの設定を見ていきましょう。

『クレヨンしんちゃん』に登場するひろしと言えば、2次元界の代表的な父親キャラ。
妻のみさえに怒られることも多く、どこか頼りない印象ですよね。

一方で設定を見ていくと、ハイスペックな一面もあるようで……。



DVD『クレヨンしんちゃん きっとベスト☆冒険!ひろし&みさえ』
via DVD『クレヨンしんちゃん きっとベスト☆冒険!ひろし&みさえ』

安月給じゃない!平均以上の年収

まず注目するのがひろしの見た目です。ゆるっとした絵柄のためわかりにくいものの、ひろしの身長はなんと180cmだと言われています。

俳優の松山ケンイチさんや綾野剛さんと同じだと思うと、見映えは良さそうですよね。

さらに公式サイトでは“安月給のサラリーマン”と書かれていますが、ひろしの年収は600万円以上だと推測されています。

これは『劇画クレヨンしんちゃん2』にて1億3千万円を宝くじで当てた際、“給料20年分”としんのすけが発言したことから広まった説のよう。しんのすけの冗談と捉えることもできますが、1馬力で埼玉県春日部市に一軒家を建てる経済力を考えると、あながち間違ってもいないのではないでしょうか。

ひろしと同年代(30代後半男性)の年収中央値を見ると、だいたい300万円代ほど。家族からは尻に敷かれがちなひろしも、会社では評価されたサラリーマンなのだと考えられますよね。

また子どもを2人養いながら、ペットのシロまで飼っており経済面は裕福そう。30代でしっかりマイホームまで持っていて、堅実な人生を送っている男性と言えます。

(広告の後にも続きます)

むしろ理想的?ネット上には憧れる声が

実際ネット上では、ひろしの設定を知った人から「高収入だしかなり理想のパパだよね」「足の臭い以外は非の打ち所がない気がするww」といった声が続出していました。
ハイスペックな設定を持ちつつも、のんびりとして庶民感が溢れているひろし。優秀さと性格のバランスがいいからこそ、誰からも親しまれるキャラなのかもしれません。
■『クレヨンしんちゃん』ひろしの声優交代、藤原啓治が送ったメッセージが泣ける…
https://numan.tokyo/anime/Je5UI
■都市伝説じゃない!『クレヨンしんちゃん』野原家に3人目の子どもがいた?
https://numan.tokyo/anime/PlwjC