2021年9月11日(土)・12日(日)、フジテレビにてアニメ『鬼滅の刃』特別編集版の放送がついにスタート! 初見の人&以前からのファンの反響を紹介します。

フジテレビにてアニメ『鬼滅の刃』特別編集版の放送が始まり、全5夜のうち9月11日(土)に物語の始まりである「兄妹の絆」が、9月12日(日)に「浅草編」が放送されました。

『鬼滅の刃』のアニメを初めて見た人や以前からのファンはどう見たのでしょうか?
特に感動したシーンや胸を打たれたシーンなど反響をご紹介!

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記です。

凄惨シーンに驚く人も。花江夏樹や梶裕貴の演技に聞き入る

放送前にまず注目されたのが、血などの描写をゴールデンタイムに放送できるのか?という点。
家に帰ったら家族みんなが鬼に襲われていたという凄惨な第1話は、2019年の放送時も「少年マンガ史上1・2を争う衝撃的な始まり」と話題に。
そのため一部の初見の人からは「思ってたよりグロくてびっくり」「怖い夢みちゃいそう」と驚く人が。

一方、ファンからは今回カットされず放送されたことに、「やっぱりこれが炭治郎の‟立志編”で始まりなんだよね」、「目を背けてはいけない場面なんだって再認識できた」と感謝する声も見られました。

そして炭治郎といえば、声を吹き込む花江夏樹さんの人気を世界に広めたキャラクターの一人。

悲しい出来事のあと修行に奮闘する炭治郎は、「花江さんは、壮絶な人生から這い上がるキャラが本当に上手い。弱さと強さの間で揺れ動く感じが絶妙!」、「いかにもなアニメの声じゃなくて、リアルな少年っぽさがあるから共感できる」と、改めて視聴者を惹きつけました。

同時に鬼滅アニメが初めての人からも注目を集めたのが、炭治郎の修行に付き合ってくれた謎の少年・錆兎(CV.梶裕貴さん)です。

「ここで梶さん来ると思わなかった!」と不意打ちに驚いたり、「この世の人間じゃない雰囲気の錆兎との修行が、最後はしんみりしてて良い」、「鬼滅ならではの情緒を感じさせる」といった声が。

また、本編後に放送された「大正コソコソ噂話」で繋がりが示唆された冨岡義勇と錆兎が、「炭治郎に最初は厳しいけど、とことん体当たりでぶつかってくれるところが似てる」と感じた人もいたようです。

(広告の後にも続きます)

禰豆子の戦う姿が圧巻!「失っても……」の名言に涙

鬼殺隊に入隊した炭治郎は妹の禰豆子(CV.鬼頭明里さん)を連れ、人をさらう‟沼鬼”を倒す任務へ。

ここでは、禰豆子が炭治郎を守るため木箱から出て戦いを繰り広げる姿が「かっこよすぎ。戦うヒロイン!」、「炭治郎の血の臭いがわかって出てきたのかな…と思うと泣ける」、「信頼して笑顔を向ける炭治郎のところ、すごく好き」と反響を呼びました。

初見の人のなかには、禰豆子が‟守られる妹”から戦闘のパートナーとなる展開に驚いた人もいたかもしれません。

そしてこの任務は、炭治郎の名言の中でも特に重い「失っても失っても生きていくしかない」が生まれた話でもあります。

「鬼滅は‟人気キャラだから死なない”とかが一切無いシビアな作品。だからこそすごく胸に響いた」、「みんないつかは大事な人を失う。でも残ったからには生きていくしかない。ほんとそうだよ」と皆さまざまな想いを馳せたようです。