『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』シン・アスカ役 画像はHDリマスターBlu-ray BOX(バンダイビジュアル)

【画像】さわやか少年・青年役だけではない、声優・鈴村健一が演じる幅広いキャラクター(5枚)

偶然から声優に、そして大物に挟まれた新人デビュー

 9月12日は声優の鈴村健一さんのお誕生日です。おめでとうございます!  鈴村さんと言えば、少年役のイメージが強いのですが、演じられたキャラを見るとタイプはさまざま。そう思ってしまうのは持って生まれた声質が、いつまでも少年のようにさわやかだからなのかもしれません。

 実は鈴村さん、調理師の道を歩もうと専門学校の願書を取り寄せていたのですが、たまたま友人と一緒に受けた声優オーディションに合格し、そこから声優への道を歩み始めたそうです。ちなみに一緒に受けた友人は不合格。しかし、この偶然が鈴村さんという名声優誕生のきっかけになったわけです。

 デビュー作は『マクロス7』(1994年)のモーリーという新人パイロット役で、隊長のガムリンを演じたのは子安武人さん、同期の同僚であるディックの声は三木眞一郎さんという、振り返ってみると豪華な面々での掛け合いでした。ちなみにモーリーは途中からとはいえレギュラーキャラで、鈴村さんはデビュー作にして名前のあるレギュラーキャラ役を射止めたことになります。

 しかし、それから数年は声優だけでは生活が難しい程度の仕事しかできず、苦難の時期が続きました。それでも『時空転抄ナスカ』(1998年)では、主人公の三浦恭資で初の主演作を演じることになります。

 それから徐々にメインキャラを演じる頻度が増えてきました。『爆走兄弟レッツ&ゴー!! MAX』(1998年)の真嶋左京、『KAIKANフレーズ』(1999年)の桐生敦郎、『GEAR戦士電童』(2000年)のスバルなどが、この当時で筆者の印象に残っているキャラたちです。

 そして徐々に『X -エックス-』(2001年)の司狼神威、『超重神グラヴィオン』(2002・2004年)の紅エイジ、『デジモンフロンティア』(2002年)の木村輝一/レーベモン他、『ななか6/17』(2003年)の凪原稔二といったメインキャラを多く演じるようになりました。

 その後、鈴村さんが一躍脚光を浴びることになったキャラが、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(2004年)のシン・アスカです。「ガンダム」シリーズの主人公であり、作品的にも反響の多かった作品だったことから、このシンを演じたことで鈴村さんの知名度は一気に上がりました。

 そして、もうひとつのターニングポイントになったキャラが、『銀魂』(2006年~)の沖田総悟です。長年、演じることになった沖田のキャラ人気に押される形で、鈴村さんは一般的にもよく知られる声優のひとりとなったのでした。



『宇宙戦艦ヤマト2199』島大介役 画像はDVD1(バンダイビジュアル) (C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会

(広告の後にも続きます)

リュウタロス、ヤン、若林など、さまざまなタイプのキャラを熱演

 知名度の高くなった鈴村さんが、さらなる高みへと昇ることのきっかけとなったキャラ。それはアニメでなく特撮の世界で出会うことになります。

 それが『仮面ライダー電王』(2007年)のリュウタロスでした。この作品がきっかけで『劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王』では素顔での出演を経験、今現在でもリュウタロスとして定期的な出演をするなど、深く長いお付き合いとなります。さらにこの作品がきっかけで、第2回声優アワードで作品がシナジー賞、自身はパーソナリティ賞というダブル受賞しました。

 この後の活躍は筆者でも追いきれないほど多いので、一部のキャラだけで失礼します。

『黒子のバスケ』(2012~2015年)の紫原敦は、子供っぽくて紫という部分がリュウタロスみたいだと指摘するファンもいました。のんびり屋ながら怒った時の威圧感が半端なく印象的ですね。

『宇宙戦艦ヤマト2199』(2013年)の島大介では、アフレコ現場で解説するほどの旧作知識を披露しているようです。本人は詳しくないと言っていますが、周りにはそんなことはないと突っ込まれている模様。これから続編である『宇宙戦艦ヤマト2205』もあるので、今後の活躍も期待できます。

 美形キャラや二枚目キャラの多い鈴村さんですが、『おそ松さん』(2015年~)ではギャグキャラのイヤミを演じていました。登場キャラすべての壊れ方が半端ない本作ですから、鈴村さんのギャグ調の強い演技は一見の価値ありでしょうか。

『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』(2018年~)のヤン・ウェンリーも、続編が発表されているので期待されている作品です。今後の動向に注目したいですね。

 2018年度版『キャプテン翼』(第4作)では若林源三を演じていますが、実は2001年度版の第3作でも鈴村さんが演じていました。前作キャストで唯一残ったのが鈴村さんだけ。この先の続編があれば、またS・G・G・Kの若林を演じてほしいですね。

『SSSS.GRIDMAN』(2018年)のアンチが終盤で変身したグリッドナイトが成長して、ナイトとして登場した『SSSS.DYNAZENON』での活躍も最近、話題になった作品のひとつです。今後もシリーズがあることを期待したいところ。

 続きと言えば『鬼滅の刃』(2019年~)の伊黒小芭内は、まだ顔見せ程度の出番でしたから、今後の活躍にファンも期待していることでしょう。果たして今秋からの新作「遊郭編」では見せ場があるのでしょうか?

 これからもベテラン声優として、鈴村さんには若々しく少年役の演技を期待しています。いつまでもその声で我々ファンを楽しませてください。