週刊少年ジャンプ39号に掲載された『ONE PIECE』第1023話“瓜二つ”。あまりの情報量で「ヤバすぎる……!」とネット上を騒がせました。本記事ではその中からサブタイトル“瓜二つ”をまさに体現したゾロとモモの助をピックアップ。ゾロのルーツがついに明かされる……!?

週刊少年ジャンプ39号に掲載された『ONE PIECE』第1023話“瓜二つ”​では、ゾロ、サンジがキング、クイーンと戦います。一方、モモの助の姿が……!?

今週も「ルナーリア族」「神の国」など重要情報が次々飛び出し、「情報多すぎ!」「物語動きすぎ!」「クライマックス感ヤバすぎ!」と読者を騒がせた『ONE PIECE』本誌。

本記事では、その中からゾロの血筋が匂わされたシーン、モモの助の姿が描かれたシーンについておさえておくべきポイントやみんなの感想、考察をご紹介します。

※記事の性質上、本編の内容に触れています



『ONE PIECE』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトより
via www.shonenjump.com

ゾロのルーツはワノ国にある?

前話で華麗な復活を遂げ戦線に復帰したゾロは、彼らしい気迫あふれる戦いを魅せてくれました。

その傍ら、ヒョウ五郎と河松が気になる会話を繰り広げます。

それは、ゾロが若き日の「鈴後」の大名・霜月牛丸に、剣の所作まで含め瓜二つであるということ。さらに牛丸の祖先であり、スリラーバークでゾロと刃を交えた相手でもある“刀神”霜月リューマが隻眼の剣士であったという点もゾロと重なるというのです。そんなゾロが秋水を持ってワノ国へやってきたことに運命を感じるとも。

このシーンには「ゾロはやっぱり霜月か……ヤバすぎる」「え、待ってつまりそういうことだよね……!?」「ついにゾロのルーツがほぼ確定した……!」「ゾロの血筋がここにきてわかるとか胸熱すぎて心臓が持たない……」「じゃあくいなとは親戚だったってこと…!?」とザワザワ。

これまでには、ゾロが霜月家やリューマと繋がっていることが幾度も匂わされてきました。

例えば、作者の尾田栄一郎先生がゾロの原型になっていると名言しているリューマ。
読切作品『MONSTERS』で初めて登場した彼の容姿はゾロにそっくり。二人とも竜を斬ったことがある、という共通点も持っています。
また、スリラーバークではゾロとリューマが「同じタイプの筋力を持っている」「同系統の破壊力を持っている」とされていましたし、ゾロはリューマから秋水を受け継ぎました。

尾田先生はゾロが隻眼になることを早い段階で決めていたと話していたことも。今スリラーバーク編を読み返すと、ゾンビとなったリューマの目は左右で形が違い、確かに隻眼だったことが伺えます。

そして、ワノ国へと突入してからは、ワノ国の言葉“スナッチ”をゾロが知っていたこと、霜月コウ三郎が違法出国したことによってゾロの出身地・シモツキ村ができたこと、SBSでは霜月家の家系図が公開されるなどさらにゾロの出生の秘密に迫る情報が出てきていました。

そんな細かい描写や設定の数々は、今まさに明かされようとしているゾロのルーツへと導いてくれる手がかりだったのだと考えると鳥肌ものです。

読者の間ではさっそく「ゾロの父は緑牛?」と、海軍大将・牛丸とゾロの親子説が盛り上がりを見せています。「ロロノア」という姓や母の存在、ゾロ本人はどこまで自身の血筋について知っているのかなども気になりますね。

(広告の後にも続きます)

モモの助の姿に変化が…!あの扉絵の伏線回収も?

また、終盤ではジュクジュクの実の力で28歳と本来の年齢に成長したモモの助が、大きな龍の姿で登場しました。
この姿が、以前から話題になっていた第310話“グロッキーリング!!”の扉絵に描かれた龍と瓜二つであると注目の的に。

17年前の扉絵ですが、このイラストには実はモモの助と思しき龍のみならず、ルフィの着物に光月家の家紋を思わせる模様が入っているのです。

このことから、SNSでは「やっぱり310話の扉絵の龍はモモの助だったんだ……」「すごい伏線回収!」「あの扉絵和テイストだし、少なくとも17年前にはモモの助とかワノ国とかの構想があったんだなあ……」「尾田っちどんだけ前から伏線張ってるの、もうすごいっていうか怖い……!」と驚きの声が挙がっていました。