■クレしん映画で最も怖い『クレヨンしんちゃん伝説を呼ぶ踊れ!アミーゴ!』

クレヨンしんちゃん映画シリーズの異色作品

今や多くの人々に愛されている国民的人気アニメ『クレヨンしんちゃん』。毎年映画が公開されていますが、その内容は子どもが大好きなちょっとおバカな下ネタから、クライマックスは大人も感動するような泣ける展開まで本当に家族全員で楽しめる映画ですよね。

そのなかでも異色な作品として名高いのが、映画シリーズ14作目として2006年4月に公開された『クレヨンしんちゃん伝説を呼ぶ踊れ!アミーゴ!』です。

アニメ『クレヨンしんちゃん』公式サイトより

タイトルやフライヤーのイラストからは想像できませんが、こちらの作品は子ども向け映画なのに怖すぎるとして話題になりました。一体どこがホラーなのでしょうか?

(広告の後にも続きます)

序盤から早速怖い! よしなが先生が何かを見てしまう…

映画はしんのすけが通うふたば幼稚園の3人の先生が居酒屋で飲んでいるシーンから始まります。仕事の話を中心にいつも通りのやり取りを繰り広げる先生たち。実はこのシーンの背後にもすでに異変が…。

飲み会はお開きになり2人の先生と別れ帰路につくよしなが先生ですが、背後から足音が聞こえてきます。しかし振り向くと誰もいない…。怖くなって走り出し閉まりかけた踏切をギリギリで渡り終えたよしなが先生。通り過ぎていく電車を見届け振り切れたことに安心して前を向くと目の前には「自分」が…。

何者かに追われている焦燥感、響き渡る踏切の警報音、何かが起こっていることを感じさせられるシーンです。この場面は観客だけが知る視点のシーンですが、日常がすでに浸食されているということを登場人物達はまだ気づいていないという不安感がますます恐怖をあおりますね。