■国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の封印されていた第98話「まる子、夢について考える」

幻の封印回はどうして生まれたの?

国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』ですが、中にはいまだに都市伝説的に語られる作品も。第98話「まる子、夢について考える」というお話がそのひとつ。この回は“幻の封印回”とも呼ばれています。

『ちびまる子ちゃん』オフィシャルサイトより

『ちびまる子ちゃん』が掲載されている雑誌「りぼん」の作品の中で、唯一単行本に未収録となったと言われている回「まる子、夢について考える」。一体どのような内容なのか、そしてこのストーリーが生まれた背景についても紹介していきましょう。

(広告の後にも続きます)

「まる子、夢について考える」のストーリー

『ちびまる子ちゃん』第98話の「まる子、夢について考える」は、雑誌「りぼん」の1995年2月号に掲載されました。読んだ人からは「子どものときに読んで意味不明すぎて困惑したなぁ」「当時読んだときはまじでトラウマだった」いった感想が上がっています。おおまかなストーリーをまとめてみました。

洞窟の中で、怪しい歌声と不気味な仮面をつけて踊る邪教徒たち。その姿を陰に隠れて見ていたまる子は邪教徒に見つかってしまいますが、王子様風の男の子に助けられます。仮面を外した邪教徒の正体はなんと藤木君や永沢君でした。

その近くで食べ過ぎが原因で小杉君が横たわっていて、ハエがたかって死んでいます。この後には、平安時代のお姫様の恰好をした野口さんやまる子ちゃんの母親の顔をした女の子が出てきました。

教室でたまちゃんと会話する場面に切り替わり、今朝見た夢の話をするまる子。たまちゃんに一生懸命説明しますが、なかなか理解してもらえません。夢の中に出てきた王子様風の少年と結婚した妄想をしながら、休み時間の10分間で幸せを味わえたことに満足するまる子。しかし、夢から覚めていないのか、突然教室にいた小杉君に対して、「顔に死相が出てる」などと暴言を吐いたり、邪教徒のお面を被った藤木を悪者扱いしたりと暴走していきます。

授業が始まってもまる子はうとうとしてしまい、再び夢の世界へ。夢で王子様風の少年と良い雰囲気になりましたが、それを邪魔した小杉君に対して、「小杉は食べ過ぎで死んでりゃいいのっ」と大声をあげます。まる子が我に返ると、そこは教室でした。驚いたクラスメイトと先生の冷たい視線が刺さります。最後に「今 まる子にとって大切なのは前世より反省であった」というナレーションが入り、結末を迎えました。