gooランキングから「神の領域!作画風景が見てみたいジャンプ漫画家ランキング」が発表されました。『鬼滅の刃』吾峠呼世晴先生、『I”s<アイズ>』桂正和先生、『銀魂』空知英秋先生などが上位にランクイン。1位に輝いたのは?

gooランキングから「神の領域!作画風景が見てみたいジャンプ漫画家ランキング」(2021年調査)が発表されました!

人物の細かい表情や複雑な背景を描く漫画家の作業はまさに神業。
特に週刊誌に連載を持つ漫画家は、その作業を短いスパンで仕上げなくてはなりません。
素人にとっては未知の領域ですよね。そこで今回は、『週刊少年ジャンプ』の中から、作画風景を見てみたい漫画家についてアンケート調査、ランキング化がおこなわれました。

今回はランキング結果をもとに、numan読者や関係者に調査を実施。
みんなの熱いコメントと共に、ランキングをお届けします♪

10位~7位



サカナクション『新宝島』豪華初回限定盤(映画「バクマン。」BOX)画像
via サカナクション『新宝島』豪華初回限定盤
10位は『バクマン。』『DEATH NOTE』『ヒカルの碁』などの作画で知られる小畑健先生。
17歳でデビューした当時から、その画力の高さを絶賛されていました。
老若男女幅広い層のキャラクターを自在に描き分けるのはもちろん、『バクマン。』では作中に登場する作者別の漫画作品にも差分を出し、圧倒的な画面作りをしていましたね。

numan読者からは「とにかく絵が美しくて感動します。あの端正な作品が、どんな風に生み出されているのかを見てみたいです」というコメントが届いていました。

9位は『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で知られる秋本治先生。
8位は『ハイキュー!!』で人気の古舘春一先生でした。


ワンピースフィルム ストロングワールド 【DVD】画像
via DVD『ワンピースフィルム ストロングワールド 』
7位は『ONE PIECE』の尾田栄一郎先生。
「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」として、ギネス記録を保有している、日本を代表する有名漫画家です。
アシスタントを雇いつつ、「生きて動くもの」はすべて自分で描くというこだわりを持っています。そのため群集シーンのモブキャラや動物はもちろん、雲や煙、海にいたるまで自らペンを取っているそう。

numan読者からは「回想シーンも毎回すべて描き下ろしていると聞いて、こだわりに感動した」という情報が寄せられました。

(広告の後にも続きます)

6位~4位



ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース エジプト編 Vol.3 (紙製スリムジャケット仕様)(初回生産限定版) [DVD]画像
via DVD『ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース エジプト編』 Vol.3
6位は『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの荒木飛呂彦先生。
常に規則正しい生活を心がけており、徹夜をせず、定期的に体力維持のためのトレーニングに励んでいるそう。
手描きに強いこだわりがあり、今なお仕事場にはパソコンやモニターが設置されていないというのは驚きですよね。
エネルギッシュな絵柄に、センス溢れるカラーリングは、幅広いファンの心を掴んで離しません。

numan読者からは「GUCCIショールームで原画展をやった日本の漫画家はどのくらいいるんでしょうか…? オシャレで格好良くて、いつまでもカリスマ的存在です」というラブコールが届いていました。

5位は『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』などの鳥山明先生。
長編、短編ともに多数の漫画を生み出しているほか、『ドラゴンクエスト』シリーズキャラデザインやパッケージイラストでも人気を博しています。
近年はCGを取り入れたデジタル制作に力を入れているそう。漫画作品の場合は、原稿用紙に手描きした後、ベタとトーンをパソコン作業にしているようです。

人間はもちろん、動物やメカなどを活き活き描くことでも知られていますよね。
numan読者からは「色々なテイストの作品を発表しているので、どんな場所で生み出しているのか見たいです」とコメントが届いていました。



Blu-ray『銀魂.銀ノ魂篇 8』(完全生産限定版)
via Blu-ray『銀魂.銀ノ魂篇 8』(完全生産限定版)
4位は『銀魂』の空知英秋先生。
子どものころからノートにマンガを描いていたものの、長らく周囲には隠していたそう。漫画やイラストとは関係のない大学を卒業した後、デビュー作の短編を投稿した経緯があります。
2021年2月に公開された映画『銀魂 THE FINAL』では、劇場特典として『鬼滅の刃』のイラストを10枚も描き下ろすという、唯一無二のスタイルを見せつけました。

読み切り作品の発表当時から、アンケート順位に関係なくファンレターの数が多かったそう。独特の作風が、濃いファンに刺さっていたのかもしれません。
numan読者からは「いつだって思いもよらない角度から笑わせてくれるので、ネームをどんな風に描いているのかが気になります」という声が寄せられました。