大ヒット上映中の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』。新たな入場者プレゼントとして『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の前日譚が収録された小冊子が配られることが発表され、ファンからはざわめきが!?

現在大ヒット上映中の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。主人公・碇シンジの誕生日から一夜明け、劇場公開終了も近づく中、2021年6月12日より新たな入場者プレゼントとして公式謹製36P冊子『EVA-EXTRA-EXTRA』の配布、新バージョン『EVANGELION:3.0+1.01』の上映が開始されることが発表されました。

まだまだ終わらせない『エヴァ』に、ファンからは歓喜とざわめきが……!



『エヴァンゲリオン』公式サイト画像
via www.evangelion.co.jp

新バージョン『EVANGELION:3.0+1.01』公開にファン歓喜!

映画本編映像のカット毎に、さらなる細かい調整がなされたという『EVANGELION:3.0+1.01』の公開が発表されると「やったー! 卒業直後の同窓会みたいな気分!」「何がなんでも観に行く」「全然わらせる気のない公式好き」「“さらば、全てのエヴァンゲリオン。”……さらばとは?」「描き手のこだわりがすごすぎる……!」など、ユーモアを込めた歓喜の声があちこちで挙がりました。

また、ファンの間では「空白の14年部分差し替えあったらいいな」「これまでの考察がひっくり返る可能性ある」「ストーリー変更はないとはいえ、『エヴァ』はワンカット毎に意味があると思ってるから気になりすぎる……」など、どのシーンのカットがどう変わるかという予想も盛り上がっています。ついに上映もラストランというタイミングだったこともあり、より期待が高まっているようです。

(広告の後にも続きます)

『:Q』前日譚にザワッ…「シンジくんが一番読みたいはず」

そして、さらなる注目を集めているのが入場者プレゼントとして配布される冊子『EVA-EXTRA-EXTRA』。

『シン・エヴァ』に参加した豪華クリエイターたちが再集結し作り上げた豪華冊子となっており、これまで語られることのなかった『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』前日譚が描かれた漫画『EVANGELION:3.0(-120min.)』も収録されているとのこと。

これには「びっくり! 一瞬YouTubeの考察動画のタイトルかと思ったw」「前日譚なんて視聴者に考察させるもので絶対公式から出ないと思ってた……!」と驚きの声が挙がる中、一部のファンからは「『:Q』の前日譚、シンジくんが一番読みたいでしょ」「俺たちはいいからシンジくんに読ませてやってくれ」というツッコミが。

“『:Q』の前日譚”と聞いて期待される内容は、まさにシンジが眠っていた空白の14年間のこと。何が起きたのか訳が分からないまま、冷たくあしらわれ何も教えてもらえなかったシンジにこそ読ませたいと「ほんとそれ」「それはそうw」「間違いない!」など共感が集まりました。

一方で、『EVANGELION:3.0(-120min.)』というタイトルから、「空白の14年とかじゃなくて『:Q』本編開始2時間前の出来事を描いてるんじゃない?」「空白の14年が語られると思いきや『:Q』冒頭の前日の話とかぶっ込んできそう」といった意見も。こちらもまた「これだと思う」「めっちゃありそう! これでも嬉しいけどね」など賛同の声を集めています。

どんな内容が描かれるにせよ、『エヴァ』ファンにはたまらないお宝になること必至。まだ『シン・エヴァ』を観ていない人も、もう観た人も、ぜひ劇場へ足を運んでゲットしてくださいね。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告・改2【公式】
via www.youtube.com