アニメ化もされ、ブームを起こしている『呪術廻戦』。ネット上でも話題になった七海建人の「労働はクソ」という名言、実は核心をついているのです。七海が伝えたいこととは?

アニメ化を機に、一躍その人気が大勢に広まりつつある『呪術廻戦』。本作が人気となったポイントの1つとして、やはり多彩な魅力あふれるキャラクターたちの存在があることでしょう。

主人公の虎杖悠仁を始めとした3人組や「最強」の名を冠するイケメン教師・五条悟、敵の呪霊を率いる元呪術師・夏油傑。数々の人物が登場する本作ですが、今回はそのキャラたちの中でも異色の存在である呪術師・七海建人の名言をピックアップします。

より複雑な人生経験を持つ“働く大人の男”七海。その金言はネット上を騒がせたこともありますが、実は核心をついている言葉なのです。

DVD『呪術廻戦』Vol.3 画像

via DVD『呪術廻戦』Vol.3

名言「労働はクソ」。実は核心をついている?

この作品で彼が異色たる所以はサラリーマンという、命の掛かった呪術の世界からはかけ離れた「普通の世界」の人間としての生活を一度送った経歴がある点。
さらにあわせて言えば一度は普通の世界で生きる人間となったはずが、再び命の危険を侵す呪術の世界へ出戻ってきた、という点も、常人ならば考え辛い彼の異色の経歴ともなっています。

ですがそんな彼だからこそ、作中ではある意味読者である我々が最も共感できる普通の感性を持った人物の1人でもあります。中でも彼が呪術師という「仕事」に対して持つ持論は、主に働く大人や社会人を中心として「わかりみが深い…!」と大勢の間で話題になりました。

“私が高専で学び気づいたことは 呪術師はクソということです
そして一般企業で働き気づいたことは 労働はクソということです
同じクソならより適性のある方を 出戻った理由なんてそんなもんです“
(『呪術廻戦』3巻より引用)

七海の名言の中でも、非常に印象深いセリフと言えばまずこちら。
特に2行目に関しては大勢の労働に勤しむ人々から熱い支持を受けるセリフとして、SNSなどでも話題となりましたね。

その部分だけがどうしてもピックアップされがちではありますが、この言葉は実はかなり「仕事」という物事の核心をついたセリフでもあるのです。

多くの人がやりたくなくてもやらなければいけない「仕事」。労働というものは、この国に住む以上どう抗っても逃れることのできない国民の義務でもあります。

実はこの「仕事」というものについて、上記の七海のセリフと全く同じニュアンスの名言を残した著名人がいます。それは今や多くの人々にインテリタレントとしても知られる、林修先生です。
林修先生は過去に『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)に出演した際、こんな名言を残しています。

“人は仕事を選ぶとき、「自分ができること・できないこと」と「自分が好きなこと・好きじゃないこと」の二軸で考える必要がある。
一番の理想はもちろん「自分ができるかつ好きなこと」を仕事にすること。けれどそれが叶う人なんてほんの僅か。ならば次に選ぶべきなのは「自分が好きじゃないけどできること」である。”

この林先生の言葉を借りるのであれば、七海にとっては当然労働そのものはどちらにせよクソなこと。それであればより適性があって、自分が「できる」仕事を選んだ。そういったニュアンスが感じ取れるセリフでもあるでしょう。

(広告の後にも続きます)

大人になるってどういうこと?七海流の回答は…

“君はいくつか死線を越えてきた でもそれで大人になったわけじゃない
枕元の抜け毛が増えていたり お気に入りの総菜パンがコンビニから姿を消したり
そういう小さな絶望の積み重ねが 人を大人にするのです“
(『呪術廻戦』3巻より引用)

呪霊との共闘の中で、“ガキ扱い”をされてかちんときた悠仁に対して七海が言い放ったのがこちらのセリフ。
ある意味でリアルな、そして七海らしくない少し皮肉の効いた“小さな絶望”に思わずくすりとしてしまった方もきっと多いのではないでしょうか。

ですがこの言葉もまた、非常に物事の本質を捉えたセリフでもあるように思います。
強大な敵・真人と向かい合う中で自分が子どもであること、“庇護されるべき存在”であることへの苛立ちや焦りを抱える悠二。

早く大人になりたい、自分も七海のように誰かを守れる存在になりたい。そんな思いを抱える悠仁への、大人に「なってしまっている」七海からのメッセージが、この台詞の本質には隠されています。

七海は作中で再三、悠仁に「焦って大人になる必要はない」という旨のメッセージを伝えています。
それは彼自身も言う通り、彼が子どもを守る大人の役目からのセリフである一方で、悠仁がまだ子どもだからこそ出来る事がある、という事も暗に伝えようとしているのでしょう。

子どもだからこそ託された理想を追い掛け続けるし、子どもだからこそ自分の限界がわからず無茶をする。けれどそれは大人になってしまった自分には持ちえない、彼らだけの特権で、才能でもあるのです。

時には彼らが子どもであるからこそ、救える存在や守れる命がある。無機質な言葉を投げかけつつも、子どもが子どもであることの意義もきちんと知っている。一方的に単なる庇護するべき対象という認識で一括りにせず、かといってそこに説教臭さを感じさせたりもしない。

それこそが、七海建人という人物がどこまでも「大人」としてカッコいいキャラクターである理由なのかもしれません。

(執筆:曽我美なつめ)