社会現象となっている『鬼滅の刃』『呪術廻戦』などに続くジャンプ作品はどれ?『アンデットアンラック』『マッシュル-MASHLE-』など、今人気を集めている5作品を、実際に“ハマった”人の声とともにご紹介します。

社会現象ともなっている『鬼滅の刃』『呪術廻戦』などに続き、ここ数年は新連載ラッシュと言われる週刊少年ジャンプでは、次にくるマンガはどれだ? と皆が注目。

『Dr.STONE』(ドクターストーン)『マッシュル-MASHLE-』など人気の5作品を、実際に‟ハマった”人の声とともにご紹介します。

週刊少年ジャンプ公式サイト画像

via www.shonenjump.com

少年マンガのおいしいところのっけ盛り!『Dr.STONE』(著:Boichi)

科学オタクの高校生・石神千空を主人公に、ある日全人類が石化して三千年以上が経った世界を舞台にした冒険譚『Dr.STONE』(ドクターストーン)。
2017年に連載を開始したにも関わらず2019年にはアニメ化。2021年1月に第2期が放送され、第64回小学館漫画賞少年向け部門も受賞している人気作品で、アニメの続編制作も告知されてこれからさらに注目が高まりそう。
そんな『Dr.STONE』に皆がハマったポイントは?

「大陸を渡る冒険、科学による発明、戦い──少年マンガのおいしいところが全部詰まってる。絵柄は子ども向けかな?と思ったけど、興味本位でアニメを観て気づいたらハマってた!」

「現代の文明がない世界で船を作ったり、植物からラーメンを作ったり、科学を実践に反映してるのがすごい。子どもの頃みたいにワクワクする」

「科学オタクに体力バカ、狡猾なメンタリスト、臆病者……男も女もキャラが立ってて、船で旅する様子は修学旅行のよう。一緒に冒険してる気分になれる!」

また、特に女子人気が強いキャラクターとして、第2回人気投票では3位にもなった、メンタリストの浅霧幻(あさぎり げん/CV.河西健吾さん)に注目。

「ゲンは最初は怪しさ満点で絶対裏切者だと思ったけど、『コーラを飲みたい』とか普通の人間らしさがあって、実は義理堅かったりするギャップが良い」

「河西健吾さんは一癖ある役が上手いなと思ってたけど、見た目もゲンに似ててびっくり!」

『Dr.STONE』には実に80名以上のキャラクターが登場。見た目のかっこよさ&かわいさの他、それぞれに石化後の世界で発揮できる能力があり、飽きさせないところも人気理由のようです。

(広告の後にも続きます)

筋肉×天然の主人公にハマる!『マッシュル-MASHLE-』(著:甲本一)

『マッシュル-MASHLE-』は2020年9号から連載を開始。皆が魔法を使える世界で、魔法が使えない代わりに筋肉を鍛えている主人公・マッシュが魔法学園に入ることから始まる‟アブノーマルファンタジー”です。
単行本がすぐに売り切れになるなど、連載当初からその人気は話題になりました。

「マッシュのぼけーっとした普段の姿と、戦いの時の強すぎるギャップがやばい。普段は筋肉が見えづらいのに、マントを脱ぐと引き締まった肉体が露になり……思わず『おおっ』と(笑)」

「ギャグだけじゃなくて、マッシュをはじめ仲間たちの友達思いなところが好き。敵が味方になるっていう王道展開も良い。ストーリーにほっこりできる」

「イケメンなのにシスコンだったり、かわいいのにヤンデレだったり、男女ともにキャラクターが‟アブノーマル”で面白い!」

ちなみに、あの橋本環奈さんも『マッシュル-MASHLE-』を推しているそう。
絵柄もストーリーも、特に男女ともに親しみやすい作品と言えるかもしれません。