top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

覆面で料理を作るユーチューバー、国際指名手配中のイタリアのマフィアだったことがバレて逮捕

カラパイア

覆面して料理番組を配信していたユーチューバーはイタリアのマフィアだった
image credit: youtube

 このほど、イタリアの組織犯罪グループに所属していたゴリゴリのマフィアの男が、他国に逃亡中であるにもかかわらず、YouTubeで料理番組を投稿していたことから追跡され、逮捕された。

 故郷の料理恋しさか、はたまた料理の腕前を披露したい衝動に駆られてのことだったのか。覆面で顔がバレないようにしていても、体に彫ったタトゥーから正体がバレたようだ。『The Guardian』などが伝えている。

Estradato in Itala da Santo Domingo il latitante di ‘ndrangheta Marc Feren Claude Biart

イタリアの巨大組織犯罪グループのマフィア、覆面ユーチューバーに


 3月24日、イタリアのンドランゲタ組織犯罪グループのメンバーの1人であり、逃亡中だったマーク・フェレン・クラウド・ビアート(53歳)が、逃亡先のドミニカ共和国で逮捕された。

 イタリアの南西部カラブリアを拠点とするンドランゲタは、ヨーロッパに入るコカインのほとんどを管理している世界で最も強力な犯罪シンジケートの1つと言われている。

 ビアートは、2014年にオランダでコカインを密売したことが発覚してからこの7年間、インターポールを通じて「国際指名手配犯」としてイタリア警察に追われている身であり、逃亡先のドミニカ共和国の首都サンドミンゴ近郊にあるボカチカという町で、目立たないようにひっそりと暮らしていたようだ。

 しかし、YouTubeでイタリア料理番組を持ち、定期的に動画を投稿。顔を映らぬように隠してはいたものの、料理を披露するその身体的特徴から足がついてしまった。


顔は隠せどタトゥー隠せず


 覆面YouTuberとして料理を披露する分には、追跡の手は届かないと思っていたのか。しかし、そんなビアートの詰めは甘かった。

 動画で、ビアートは故郷のイタリア料理の腕前を披露していただけでなく、身元が割れるタトゥーまでも公開していたのだ。

 イタリア警察は、動画の投稿主にビアートの資料にあったタトゥーがあるのを発見。更にビアートの隠れ家であるボカチカの家を突き止め、逮捕に踏み切った。


 現在は、ドミニカ共和国からイタリアへ送還されたビアート。しばらくの間は、YouTubeへの投稿もできなくなりそうだ。

 ちなみに、ンドランゲタ組織犯罪メンバーで逃亡しているのは、ビアートだけではない。ビアートが逮捕される1日前には、ポルトガルに潜んでいた同組織メンバーで、イタリアで最も危険なマフィアの1人と呼ばれるフランチェスコ・ペレが逮捕された。

 14年間逃亡を続けていたペレは、リスボンにある診療所でコロナの治療を受けていた最中に、警察の追跡を受けたそうだ。こちらも、警察の執念の捜査が実を結んだ結果といえよう。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル