top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アプガ(2)[NATSUZOME2021ライブレポート]MV舞台になった“聖地”でパフォーマンス!地力の高さを見せつけたプレミアムステージ

Pop'n'Roll

夏を初め、夏を染めるアイドルイベント<NATSUZOME>が、4月2日(金)〜4日(日)に稲毛海浜公園野外音楽堂にて、<NATSUZOME2021>を開催した。穏やか春の日差しが差し込む快晴の野外ステージで、個性あふれるアイドルたちがそれぞれのカラーを発揮し、エネルギッシュなパフォーマンスをくり広げた。本記事では、同イベントの中から4月3日(土)に登場したアップアップガールズ(2)のライブレポートをお届けしよう。

【画像はこちら】

アプガファミリー(=ファン)が色とりどりの推しシャツを着てスタンバイする中、お馴染みのSEとともにステージへと飛び出してきたアップアップガールズ(2)。

“アプガ(2)いくよー!”という高萩千夏の元気な掛け声から、ライブは「二の足Dancing」でスタート。“拳をください!”という高萩の煽りにあわせてオーディエンスが拳を突き上げ、鍛治島彩の鼻リコーダーが炸裂した。

鍛治島彩(アップアップガールズ(2))<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

高萩千夏(アップアップガールズ(2))<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

広告の後にも続きます

吉川茉優(アップアップガールズ(2))<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

今回の舞台となった稲毛海浜公園野外音楽堂ステージは、実はアプガ(2)にとって最新シングル曲「強がりライライライ」のMVを撮影した場所。MVと重ね合わせるようにしてライブパフォーマンスができることにメンバーもファンもはしゃぎ通し。MCでのアナウンスから、早速の「強がりライライライ」披露ではエレクトロなダンスナンバーに乗せてフォーメーションの妙を見せた。身体を捻って作るセクシーな曲線は、彼女たちの体幹の強さだからこそなせる技だ。

ライブ後半では、つんく作詞作曲の「Be lonely together」でハロプロのDNAをメロに滲ませながら高速でぐいぐい迫る。“もっといける!”というメンバーの声にあわせてオーディエンスのクラップも熱を帯びていった。

ラストは「どのみちハッピー」で底抜けに明るく、会場全体を巻き込んでのダンス。全身を弾ませながら《ひとまず 笑っとこ!》というフレーズで笑顔とともに締めくくった。

森永新菜(アップアップガールズ(2))<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

中川千尋 (アップアップガールズ(2))<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

佐々木ほのか(アップアップガールズ(2))<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

島崎友莉亜(アップアップガールズ(2))<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル