top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『呪術廻戦』「契闊」の真の目的を考察!宿儺の狙いは、虎杖からの離脱!?

ホンシェルジュ

「契闊(けいかつ)」を結んだ宿儺の狙いは、虎杖の体から離脱することだった!?

今回の記事では、「契闊」を結んだ宿儺の“真の目的”について考察をしていきます!
前半には「契闊」の内容と“ある注意点”をまとめ、後半には宿儺が「契闊」を結ばせた目的について詳しく考察していくので、ぜひ最後までご覧ください!

「契闊」の縛りの内容と意味を押さえよう!

まずは、「契闊(けいかつ)」の内容と注意点を解説していきます!

そもそも「契闊」って何?という話なのですが、この「契闊」という縛りが出てきたのは、単行本の第2巻に収録されている第11話です。

この時、虎杖は少年院での戦いで宿儺に心臓を抜かれてしまい、死亡していました。

しかし、虎杖の意識は宿儺の生得領域の中でまだ生きており、完全には死んでいないということが判明します。

ここで宿儺は、虎杖を生き返らせる代わりに、とある縛りを提示するのです。

広告の後にも続きます

その縛りこそが、今回のお話のテーマである「契闊」です。

この「契闊」には内容が3つあって、

宿儺が「契闊」と唱えたら、虎杖は1分間、宿儺に体を明け渡すこと虎杖は、宿儺とこの縛りを結んだことを忘れること体を明け渡している1分間、宿儺は誰も傷つけず殺さないこと

となっています。

ちなみに「契闊」という言葉の意味なのですが、僕が調べた感じだと、

固い交わりを交わす久しく合わない無沙汰努力し苦しむ

などがありました。

(ちなみに、「死生契闊」という言葉もあります。参考:「死生契闊」(しせいけっかつ)の意味 − 四字熟語辞典オンライン

  • 1
  • 2

TOPICS