top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

國學院久我山vs東海大高輪台

高校野球ドットコム

試合巧者ぶりを発揮した国学院久我山がシード権獲得!144キロ右腕・髙橋風太が力投見せる!

国学院久我山5番・髙橋 風太

 夏のシードがかかった國學院久我山と東海大高輪台の2回戦は、最後まで接戦の末に、國學院久我山が5対3で東海大高輪台を下した。

 初回、先攻の國學院久我山は2番・上田 太陽の四球をきっかけにチャンスを作ると、3番・田村 優樹らのタイムリーで2点を先制。さらに2回には1番・齋藤 誠賢のタイムリーと3対0と國學院久我山が序盤で主導権を握った。

 4回にも2点の追加点を奪って4対0とした國學院久我山の先発はエース・高橋 風太。初回から力のある真っすぐを投げ込み東海大高輪台打線を圧倒。5回に東海大高輪台8番・上野 克登の犠牲フライで1点を失ったが、試合の主導権を譲ることなく終盤に入る。

 8回に東海大高輪台の5番・川浪 遥翔のタイムリーで4対2とされたが、9回に代打・原田 大翔のタイムリーでダメ押しとなる5点目を奪った國學院久我山。東海大高輪台の代打・ホワイト拓真のタイムリーで1点を返されたが國學院久我山が5対3で勝利し、3回戦へ駒を進めた。

 夏のシードを獲得した國學院久我山。2年前の夏の甲子園以降ライバル校の厳しいマークの前に、都大会ではなかなか上位進出を阻まれてきたが、今大会は早稲田実業、そして東海大高輪台と東西の実力校を破ってベスト16まで勝ち残った。今年は早稲田実業、国士舘といったチームが夏ノーシードに回っただけに価値ある勝利だったが、この勝利にはエース・高橋 風太の存在が大きい。

広告の後にも続きます

 2年前の夏の大会ではベンチ入りを果たし、優勝を知る数少ないメンバー。甲子園ではベンチ外になったが補助員として聖地に足を踏み入れた。身長169センチと周りの選手と比較しても身体は小柄だ。それを補うかのようにセットポジションから全身を使いながら、打者寄りでボールをリリースできるフォームが特徴的。

 そこから最速144キロを計測するという伸びのある真っすぐを投げ込んでいくが、東海大高輪台の各打者が高めのボール球でも振ってしまうあたりは、見た目以上のボールが来ていることが想像できる。それは東海大高輪台の小笹主将に話を聞いてもストレートの威力がどれだけのものなのか想像できる。
 「練習をしていたのでスピードや伸びは想定できていたのですが、コンパクトにスイングをすることが出来ませんでした。」(小笹主将)

 さらに変化球に関しても「予想外の小さく変化するボールがあって、的が絞れなかった」と東海大高輪台の小笹主将は話していたが、小さく曲がるスライダーに、緩急をつけたチェンジアップなど多彩。打ち崩すのは簡単ではない投手だが、自分の投球に対して高橋はどう感じているのか。

 「真っすぐは高めに浮いてしまったりして精度はまだまだ。走りはまだまだでしたが、相手打者に振ってもらえたところがありました」

 このように語るのは昨秋の苦い敗戦がある。昨秋は城北の前に12点差をひっくり返されて初戦敗退という経験をしている。この悔しさを胸に一冬乗り越えてきたことが高橋の成長を支えた。
 「完投をしなかったから負けたと思っているので、完投できるように練習をしていきました」

 憧れである則本 昂大のような伸びのある真っすぐを投げられるように、下半身を中心にウエイトトレーニングを実施。さらに投球フォームもトレーナーから指導を受けながら、下半身主体のフォームにチェンジ。自然と肘が前に送りだせるようになったことで、2150回転ほどだったストレートは、2300~2400回転と質を高めることに成功した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル