top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

専修大附vs桜美林

高校野球ドットコム

課題だったチャンスでの1本からリズム作った専修大附がシード確保!

雄叫びを上げる専修大附・角囿拓海

 専修大附と桜美林の一戦は、最後までもつれる一戦の末に専修大附が桜美林を下した。

 先に試合を動かしたのは桜美林。初回、先頭の岩渕 翔のヒットでチャンスを作ると、4番・羽田 翔世のタイムリーで桜美林が先取点を奪う。すると勢いに乗った桜美林は3回に5番・平山 直にもタイムリーが飛び出し、2対0と専修大附を引き離す。

 ただ専修大附も黙っていなく、6回に二死から3番・佐藤 翼の四球から満塁まで作ると、6番・星川 未来のタイムリーで2対1。さらに押し出しもあり、2対2と試合は振り出しに。

 その後、桜美林が1点を追加したが、7回にも2番・嘉山健斗にタイムリーが生まれるなど5対3と専修大附が勝ち越しに成功。9回にもダメ押しとなる1点を加えた専修大附と、桜美林に1点を返されたが6対4で桜美林を下してベスト16進出を決めた。

 初戦の東京実戦でも一挙6得点の集中打で試合をひっくり返す試合を見せたが、今年の専修大附は勢いづくと止められないのが強みとなっている。この勢いについて工藤に話を聞いた。
 「昨秋は残塁が多かったので、チャンスで打てるように練習から細かい状況を考えて練習するようにしました。あとは今大会は自分たちらしい明るい雰囲気を出していこうと話し合っていたので、その辺りがしっかり出せたと思います」

広告の後にも続きます

 そんな専修大附の勝利を粘り強く支えたエース・櫻井 誠大の粘りの投球も大きかった。サイドスローの櫻井は軸足でしっかりと立ったところから、大きなモーションで右腕を振り抜く。序盤こそ速球を中心にアウトコースに時折インコースを使うなどコーナーを広く使いつつ高低も駆使しながらのピッチング。しかし中盤からはインコースに意識を持たせたことを利用して、アウトコース主体の投球で桜美林打線に的を絞らせなかった。

 この投球については桜美林・中脇も「相手の攻め方が変わっていました」と中盤以降の櫻井の投球について語っている。そんな櫻井について専修大附・岩渕監督も「櫻井の投球が全てです」とコメント。勢い、逆転に導く快投だったといっていいだろう。

 そんな専修大附は12月から3月上旬までは練習ができずに個々人での練習が続いたという。その中でも監督含め、練習内容を報告し合いながら高い意識をもって練習に取り組んできた。こうした取り組みを経て夏のシード権を獲得できたことに「シードが取れたことで、しっかりと準備して大会に入れます」と岩渕監督は安どの表情を見せていた。3回戦以降も勝ち上がり、より良い形で夏の大会に入りたいところだ。

 一方で敗れた桜美林。序盤の戦い方こそ試合を優勢に進め、主導権を握ったように見えたが、中盤から四死球が増え、テンポが乱れた。そこを専修大附に突かれ逆転を許した。これについて中脇秀主将は「四死球からズルズルいって、攻撃も雑になってしまった」とコメント。悔しさを残す敗戦となった。

 これには片桐監督も「課題が多いですが、夏に向けて体力づくりからやっていきたい」と話しており、夏に向けての課題となった。満身創痍で戦ったという春の経験を糧に夏は万全な状態で戦えることを楽しみにしたい。

(記事:編集部)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル