top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

関東一vs共栄学園

高校野球ドットコム

前半は競り合いで苦しんだ関東一だが、終盤で長打攻勢で共栄学園下す

関東一・成井 颯

 近年では、東東京の雄として、二松学舎大附と共に2強を形成しているかなという印象のある関東一。その関東一に対して、浦和学院出身の原田健輔監督が就任して以来、ここのところ躍進著しい共栄学園が、どう挑むのかということで注目された。

 関東一はこの日が公式戦初先発だという10番をつけた成井君。そして共栄学園はエースナンバーの東野君の先発で始まった。関東一は、2回に一死から6番滝川君が右線二塁打すると、右飛で三塁へ進み、相手失策で幸運な先制点を挙げる。しかし、その後の東野君は、テンポよくコーナーに投げ分けていき、そうは打たれないぞという印象だった。また、成井君は4回までは3人ずつで抑えていくなど前半は緊迫感のある投手戦となっていった。

 次の1点がどちらにどういう形で入るのかというところが展開的にも大きいかなと思われた。そんな展開になった5回、関東一が追加点を挙げた。

 この回先頭の8番五十嵐君が中前打すると成井君は丁寧にバントで送る。鎌倉君は倒れたものの、2番立花君は左中間の一番深いところへ運んでいって二走がホームイン。力では勝ると思われた関東一の方に2点目が入ったことで形勢は関東一かと思われた。

 しかし、共栄学園もそれで怯んではいなかった。6回には、6番早川君がチーム初安打を放つと、わずかな守りのスキを突いて二塁まで進む。さらに内野ゴロで三塁まで進むと、成井君のスライダーがキレすぎた形でショートバウンドして後逸となり三塁走者が帰った。こういう形であっても1点を返せたことは共栄学園にも勢いがついてくるかとも思われた。ところが、成井君は落ち着いていた。結局、共栄学園としては安打はこの一本のみ。成井君は7~9回も3人ずつで退けた。

広告の後にも続きます

 そして関東一は、8回は代打高田君がバントを決めて一死二三塁として、さらに代打染谷君が左越二塁打して2者を帰す。9回にも一死から代打長堀君が左前打して、当たっている立花君がこの日3本目の長打となる左越二塁打を放つ。さらに4番楠原君も左中間二塁打でやっと快音を響かせてこの回も2点を加えて、最後は関東一が突き放した。

 成井君の好投に関して関東一の米澤貴光監督は、「夏のことを考えると、球数制限のこともあるし市川一本ではどうしても苦しくなるので次の投手を育てたかった。その意味では、今日の成井の好投は大きかった。暴投で1点は失いましたが、それも低めを意識して投げていこうということで起きたことだから、問題はありません。本人も大きな自信となっていったと思います」と、1安打1失点投球での完投は高く評価していた。また、終盤の代打攻勢がことごとくハマっていったことに関しては、「左打者が、もう一つタイミングが取れていない感じがしたので代えていったのですが、起用したそれぞれの選手がいい仕事をてくれた」と層の厚さを喜んでいた。このあたりも、近年安定して好成績を残している関東一の強さの要素と言ってもいいであろう。

(記事:手束 仁)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル