top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

自宅サールサーバーにアサヒも参入! 生ビール新サービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」

ワイン王国

アサヒビールが家庭用生でビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を発表した。本日4月7日から会員募集開始、5月25日からサービス開始する。

アサヒ ドラフターズ|本格泡リッチサーバーをレンタルする生ビール新サービス

【アサヒ公式】本当にうまい生ビールで、人生をもっと楽しむいい大人たち、THE DRAFTERS(ドラフターズ)。いつでもどこでも、本格泡リッチサーバー(家庭用)でクリーミーでリッチな泡、氷点下のアサヒスーパードライ エクストラコールドを楽しめる!

drafters.jp

アサヒビールが独自に開発した会員登録後専用サーバー「本格泡リッチサーバー」をレンタルし、 月額料金を支払うと定期的にビールが届くという方法だ。
ビールはアサヒ スーパードライの2リッ トル樽を使う。アサヒビールがこれまで培った技術をもとに、高濃度でクリーミーな泡だちを実現。専門店の樽から注がれたようなスーパードライを自宅で楽しむことができる。
4℃から6℃の温度帯「スタンダード・モード」と、-2℃から0℃の「エクストラコールド・モード」の2つの温度帯を選べ、後者はアサヒスーパードライ エクストラコー ルド同様、キンキンに冷えた状態でサーブすることも可能。また屋外への持ち出しを想定しているのもポイントで、アウトドア専門誌『GO OUT』が監修した専用キャリーケースを 会員限定で販売する予定だ。

[ 関連記事を読む – ビールサーバー ]

アウトドア雑誌『GO OUT』が監修したキャリーケース

広告の後にも続きます

登録にはホームページなどからチャットボットを活用し、そこからプレ会員登録、抽選を経て当選者が確定する。当選すると本登録が可能になり、サーバーやビールの配送日や数量を決定したら申込みが完了。指定日に サーバーが届き、以後毎月2回、指定日にビールが配送される仕組みだ。
気になる価格は、月額7,980円から。 ここにはサーバーレンタル料等の基本料金2,990円と、2リットルのビール×2(月に2回1本ずつ届く)の計4リットルのビールとミニガス2本の料金4,990円が含まれている。また、1本1980円で追加の注文もできる。

実際に注いでみた。タップハンドルの操作は本格的だ

クリーミーでもっちりとした泡が簡単に完成。飲み心地はまさにお店で飲む生ビール!

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル