top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

運動はゲームだけで30kg減!「ダイエット停滞してる人は読んだ方がいい」

BOOKウォッチ

デブからの脱却(KADOKAWA)<amazonで購入>

 コロナ太りを解消すべく、いろいろ試したけどどれも成果がいまひとつ。「運動するったってジムは密だし、花粉症だからランニングも無理」と自分に言い訳をしている永遠のダイエッターにおススメしたいのが、柳本マリエさんの本書、『デブからの脱却 運動はゲームのみ!空腹なしで1年間で30kgやせた私のダイエット奮闘記』だ。

 柳本さんは2019年10月にダイエットを開始。身長150cmと小柄なのに当時の体重は72.6kg。1回の食事で3人分食べていたというから無理もない。その状態から食事制限をスタートし、1年間でなんと30kgもの減量に成功した。

 好きなことは食べること、嫌いなことは動くこと、ゲーマーで引きこもり気質。そして「どんな絶景よりも自宅」が座右の銘だという柳本さん。ダイエットの特色は、「やせる動機は『お金』」「体重が前日より0.1kgでも増えていたら運動を手抜きする」「ゲームをしながらやせる」などの変わったマイルールばかり。本書は、そんな柳本さんの体験を軸に、専門家のアドバイスを加えて構成されている。

 「はじめに」で柳本さんは、「ダイエットに根性は必要ない」と断言している。

いま30kgの減量に成功して得た確信は、ダイエットに根性は必要がなかったということ。
これまでに何度もダイエットに失敗してきましたが、いままでは無意識のうちに”根性だけでやせようとしていた”ことが問題でした。
運動が嫌いなのにがまんしてジムに通う。
食べることが好きなのにがまんして食事量を減らす。
これらはまさに根性だけでやせようとする行為です。
(中略)
“運動”はゲームのみ! 食事はがまんしないで食べ方を工夫すればいい!

 柳本さんはどんなダイエット法を実践してきたのだろうか。

広告の後にも続きます

 本書の冒頭には、ダイエット初期(1~3か月)、中期(4~9か月)、後期(10~12か月)に分けて、「1年間の課題とやったことリスト」が整理されている。

 ダイエット初期のテーマは「まずはドカ食い、早食いをやめる」こと。食事や運動の質についてはいったん置いておき、ダイエットを自分の生活に取り入れることから始めた。

 「課題」は、いきなり食事量を減らさないことと、運動は0→1(やらない→やる)にすることだけを考えること。そして、「やったこと」は目標体重およびダイエット期間を設定する、食事回数を増やしてドカ食い・早食いをやめる、運動としてのゲームを始める、運動中にBCAA・プロテインを飲む、SNSでダイエット報告をする、の4つ。これだけで、3か月で10kgの減量に成功した。

 中期のテーマは「やせ効率のよい体をつくる」、後期は「マンネリ化させずに緊張感を維持する」。試行錯誤しながらも、1年後に30kg減を達成した。とても「根性がない」人とは思えない偉業だ。写真を見ると、顔がシュッとして別人のよう。何よりも美しく割れた腹筋に目を奪われる。

 柳本さんは本書について、自身のブログで以下のように書いている。

ド素人が行ってきた1年間の-30kgダイエットについて答え合わせをするような感覚。私個人で検索しても解決できなかった謎「どうして1年間でここまで変化が起きたのか」もバッチリ解けました。

 その結論は以下の通り。

食事:筋肉を減らさない条件が揃っていた
運動:ある理由で負荷がかかりやすかった

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル