top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

浜辺美波、“赤井秀一”に手を引かれマスタングから登場!感激で目を潤ませ「出演できたことが夢のよう」

テレビドガッチ


国民的アニメ『名探偵コナン』の劇場版最新作『名探偵コナン 緋色の弾丸』(4月16日公開)の完成披露舞台あいさつが4月6日、都内で行われ、声の出演者の高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、池田秀一、日高のり子、森川智之、浜辺美波が登壇した。

本作は青山剛昌の人気コミックを原作としたテレビアニメの劇場版第24作目。江戸川コナン(声:高山)が世界最大のスポーツ祭典が開催される直前に起きた拉致事件解決に挑む姿を描く。冒頭、幕がまだ下りた状態で、高山が幕裏からマイク越しに開幕宣言を行ったが、本作が新型コロナウイルスの感染拡大の影響で約1年の公開延期を経て公開されることになった経緯などを客席に説明する中、思わず涙ぐみ、声を詰まらせる一幕があった。

高山は「原稿を渡された時から、これ読めないでしょうって。1年分の思いが溢れてしまって」とその涙の理由を説明。「江戸川コナンは泣きませんが高山みなみは泣くので」と照れ臭そうに話す。「一時は感染拡大で、アフレコも中止になって。みんなに会いたくなったりして、その時の思いがこみ上げてきてしまって」とまた声を詰まらせた。

本作でゲスト声優を務めた浜辺は、ステージ中央に止まった赤いマスタングの中から赤井秀一役を担当する池田に手を引かれて登場。

本作のゲスト声優を務めたことについて「出演できたことが夢のよう。この場所にいるなんて」とこちらも感激で目を潤ませる。『名探偵コナン』については「大ファン」だといい、「脚本を読ませていただいて、脚本を読んでいてもこんなにドキドキして、みなさんのセリフの一つひとつで心臓を撃ち抜かれることがあるんだって驚きました。言葉にしがたい魅力がある作品」とその魅力を熱弁。

浜辺の下の名前の「美波」はこの日登壇した日高がかつて演じた『タッチ』の登場人物の浅倉南に由来しているとのこと。その日高を前に「わたしの名前は『タッチ』の浅倉南ちゃんを両親が二人とも好きで、そこからつけられたんです。(日高との共演で)両親が喜んでいると思います」とコメント。

また、幼少期に『名探偵コナン』を見ている時に、大ファンのコナンの声をやはり「みなみ」である高山が演じていることにも感銘を受けたとのこと。「高山さんの名前もみなみ。それも嬉しかったのを覚えています」と述べると、高山も日高も嬉しそうな表情。日高は「浜辺美波はもう浅倉南を超えていると思います」とその純粋な浜辺にエール。「わたしのキャラクターにちなんだ名前をつけていて、今回ご一緒できてわたしも嬉しい。その話をこうして聞けるのも幸せです」と話していた。

また、池田は「最初、テレビシリーズの方に出させてもらって、3本くらいで終わると思っていたんです。まさかこんなに広がりのあるキャラクターだと思いませんでした。しかも今回は赤井ファミリーになっている」とコメント。森川も本作の感性に充実の表情で「みんなで作り上げた作品。見てくれている皆さんがいて作品が完成される。それが感じられる作品でした」と話して笑顔を見せていた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル