top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

こんなに便利なの?「和晒(わざらし)ロール」がエコで使い勝手抜群【東急ハンズのスグレモノ】

macaroni

教えてくれる人

東急ハンズ バイヤー / 秋津 修平(あきつ しゅうへい)さん
東急ハンズキッチン用品担当バイヤー。2005年入社後店舗勤務を経て、2018年より現職に就く。10年以上の店舗勤務経験を活かしお客様目線での商品セレクトに努めている。好きな料理はカレー。休日はスパイスカレー作りに勤しんでいる。

東急ハンズ|公式ネットストア

今週のスグレモノはこちら!

「さささ」和晒ロール Cut(ミシン目あり)/ 2,420円(税込)

「さささ」と大きく書かれたデザインが特徴的な和晒ロール。大阪府堺市にある武田晒工場が立ち上げたブランドで、2020年にはグッドデザイン賞を受賞しています。日本人になじみのある晒を現代の生活・家事でも取り入れやすいようにと提案された商品です。

さっそく秋津さんに推しポイントをお聞きしました。

秋津さん:
「こちらの和晒ロールは、拭く・濾す・蒸す・水を絞るなど、いろんな用途に使用ができます。ロール状になっているのが珍しく、日常のなかでサッと使えてとても便利なんです。布なので使い捨てではなく何回も使用できますよ。

伝統的なものを見直す、使い捨てを見直す、といったこだわりがある人にもぜひ使ってほしいです!」

広告の後にも続きます

秋津さん:
「ミシン目が入っているので好きなときに好きなだけ使える手軽さが魅力。生地はしっかりしており、パリッとした素材です。いわゆる晒というとちょっと使うのがむずかしそうですが、これはキッチンペーパー感覚で使えますよ」

実際にパッケージから出して手に取ると、たしかにしっかりとした素材で、さらさらとした触り心地でした。カットするときにミシン目から糸が出るので、ちゃんと切れるように一気にカットするのがおすすめです。

実際に使ってみると……

「拭く」に活用!

「さささ」は、なめらかで目が細かく、通気性の良い「岡生地(おかきじ)」を使用しています。使い始めはハリがあるので、水気をしっかり取ってくれるか心配でしたが、吸水性もバッチリ。

軽く絞れば、しっかりと水がはけるため、一枚でコップや食器、調理器具などを拭き切ることができました。

布がやわらかく馴染んできたら台拭きに活用!布地の密度が高いため、細かいホコリもキャッチします。数回使っても毛羽立ちせず、快適に使えますよ。

そろそろ捨てようかな……と思ったら、最後にコンロ付近や、ホコリが溜まりやすい冷蔵庫の上など掃除に活用するのが良さそうです。

「料理」に活用!

TOPICS