top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

肉料理より簡単? フライパンひとつで魚料理の幅が広がる!

BOOKウォッチ

フライパンひとつで魚のごちそう(青春出版社)

 家で作る魚料理といえば、グリルで焼くだけの干物や器に盛るだけの刺身など、「作った」とは言えないものばかり。手間をかけてもせいぜいムニエルかアジフライくらいで、肉料理に比べてバリエーションも食卓に上る回数も圧倒的に少ない。健康のためには、もっと魚を食べたいけれど……。

 調理が面倒、パサパサしておいしくできない、作れるメニューが少ない。そんな魚料理のハードルを下げてくれるのが、フードスタイリスト、ダンノマリコさんの『フライパンひとつで魚のごちそう』(青春出版社)だ。

 本書は、仕事が忙しいけれど健康的な食事をしたい人に向けて、「フライパンひとつで作れて、面倒な下処理がいらない魚料理」をテーマに、「ネットでは出合えない”新しい”魚料理」を提案している。

 ぶりの和風油淋鶏ソース、スモークサーモンとチーズのガレット、あじのチーズガーリック焼き かりかりパン粉がけ、さば缶と長ねぎのトルティージャ、たこのガリシア風アヒージョ、かれいのインド風カレーなど、白いごはんに合うおかずから、お店に行った気分になれるお酒に合うメニューまで、おうちのフライパンひとつで手軽に作れるレシピが掲載されている。

 フレンチ、イタリアン、スパニッシュ、アジア、カフェ風、定食屋風、居酒屋風と7つのカテゴリに分かれたレシピが全部で58。魚料理にもこんなにバリエーションがあったのかと驚く。しかも、どれも切り身や刺身、缶詰などを使うので下処理が要らないものばかり。

広告の後にも続きます

 これならチャレンジできそう!と試しに作ってみた。お酒好きの記者が選んだレシピは2品。

干物で作る?!フィッシュ&チップス

 1つ目は「ほっけのフィッシュ&チップス風 ビール揚げ」。干物の塩気で味付けは不要。衣にビールを使うことでカリっと仕上がる。

 作り方は簡単。ほっけの干物を適当な大きさにそぎ切りにして、ビールで溶いたてんぷら粉にくぐらせ、フライパンで揚げるだけ。今回は、ポテトは市販の冷凍食品を使用。あっという間にビールに合うおつまみが完成した。

 ほっけの塩加減が最高! お好みでレモンを搾ってもおいしい。干物は焼いて食べたことしかなかったので、意外な活用法に目からウロコだった。家族にも好評で、干物が苦手な子どももパクパクと食べてくれた。

 2つ目は、「かじきとアボカドとトマトのグリル」。キャンプ飯の流行に乗じて買ったものの、ほとんど出番がなかったスキレットで作ってみた。

 こちらも超簡単。メカジキを1㎝幅のそぎ切りにし、塩と白ワインで下味をつける。スキレット(フライパン)にメカジキとアボカド、トマトを順に並べ、上から粒マスタードとオリーブオイルを混ぜ合わせたソースをまわしかけて火にかける。蓋をして弱火で5分。ピザ用チーズをのせ、しばらく蒸らしたら完成だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル