top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

雨模様のソラリス[NATSUZOME2021ライブレポート]開放感たっぷりの初野外ライブで生み出した強固な一体感

Pop'n'Roll

夏を初め、夏を染めるアイドルイベント<NATSUZOME>が、4月2日(金)〜4日(日)に稲毛海浜公園野外音楽堂にて、<NATSUZOME2021>を開催した。穏やか春の日差しが差し込む快晴の野外ステージで、個性あふれるアイドルたちがそれぞれのカラーを発揮し、エネルギッシュなパフォーマンスをくり広げた。本記事では、同イベントの中から4月3日(土)に登場した雨模様のソラリスのライブレポートをお届けしよう。

【画像はこちら】

清野宮あんなの力強い歌い出しによる「ザ・ワールドイズマイン」から雨模様のソラリスのライブはスタート。4月の透き通った青空へとエモーショナルな歌声を響かせていく。サビでは観客に向けて丁寧にレスを送る姿も。

たべる子が、“NATSUZOME、楽しんでますかー!”と元気よくアジテートし、1曲目よりもBPMをグッと上げたアッパーな「クリスタル」をドロップ。雨ソラにとっての初めての野外ライブとなったこの日。開放感たっぷりの稲毛海浜公園野外音楽堂のステージで弾ける笑顔を届けていく。メンバーが心からライブを楽しんでいる様子は観客にも伝わり、フロアでは多くの観客が振りコピ、ヘドバンをくり広げていた。あっという間に会場を雨模様のソラリスの世界観へと引き込んでいった。

MCでは“サビで腕を振る曲なんですけど”と、このあとに披露する「Invisible rain」の振り付けを、小泉ようの歌唱に合わせてレクチャー。“みんな上手だったので、このあと本番もよろしくお願いします”とライブを再開し、練習の時よりも高くハンズアップ。観客と一緒に左右に腕を振り、会場に強固な一体感を生み出した。

清野宮あんな(雨模様のソラリス)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

小泉よう(雨模様のソラリス)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

広告の後にも続きます

東条泉美(雨模様のソラリス)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

たべる子(雨模様のソラリス)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

神咲雅(雨模様のソラリス)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

雨模様のソラリス<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

雨模様のソラリス<NATSUZOME2021>

2021年4月3日(土)
稲毛海浜公園野外音楽堂

SE
M01 ザ・ワールドイズマイン
M02 クリスタル
MC
M03 Invisible rain

TOPICS

ジャンル