top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

メイビーME[NATSUZOME2021ライブレポート]とっておきのサマーチューンで会場を夏色に染め上げた”王道可愛い”パフォーマンス

Pop'n'Roll

夏を初め、夏を染めるアイドルイベント<NATSUZOME>が、4月2日(金)〜4日(日)に稲毛海浜公園野外音楽堂にて、<NATSUZOME2021>を開催した。穏やか春の日差しが差し込む快晴の野外ステージで、個性あふれるアイドルたちがそれぞれのカラーを発揮し、エネルギッシュなパフォーマンスをくり広げた。本記事では、同イベントの中から4月3日(土)に登場したメイビーMEのライブレポートをお届けしよう。

【画像はこちら】

ポップな「over ture」で登場したメイビーMEは、<NATSUZOME>にふさわしいサマーチューン「だって夏なんだもん」からライブを開幕。曲の冒頭では、新庄愛が“夏のせいだ”という歌詞を“NATSUZOMEのせいだ”にアレンジしてシャウト。勢いそのままに「ギブ・ME・サマー」を投下し、さらに会場を夏色に染め上げた。

MCでは手短に自己紹介を済ませると、西野みやびが“最後まで一緒に盛り上がっていきましょう”と1stシングル「ラミラミLOVE ME BABY」へ。ステップを踏むたびに衣装のスカートがひらりと揺れ、キュートな楽曲の世界観を後押し。恋した乙女心を可愛らしい振り付けとともに歌い上げていった。

ラストは、アップテンポなバンドサウンドが気持ちいい「Heaven Heaven」で締めくくる。配信カメラにもレスを送り、会場に集まったファンに加えて、配信ライブの視聴者をも巻き込んだステージングが印象的であった。

この日、メイビーMEの出番時間帯は曇りがちであったが、太陽を味方につけて終始日差しに照らされていた彼女たち。4月の太陽のもと、グループコンセプトでもある”王道で可愛い”輝きを放った20分のステージであった。

石原すずか(メイビーME)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

西野みやび(メイビーME)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

広告の後にも続きます

大塚のりか(メイビーME)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

木内ゆうか(メイビーME)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

新庄愛(メイビーME)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

谷あやか(メイビーME)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

藤原奈穂(メイビーME)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

メイビーME<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

メイビーME<NATSUZOME2021>

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル