top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Peel the Apple[NATSUZOME2021ライブレポート]初の有観客野外ライブでヒートアップ!「一緒に夏始めるぞー!」

Pop'n'Roll

夏を初め、夏を染めるアイドルイベント<NATSUZOME>が、4月2日(金)〜4日(日)に稲毛海浜公園野外音楽堂にて、<NATSUZOME2021>を開催した。穏やか春の日差しが差し込む快晴の野外ステージで、個性あふれるアイドルたちがそれぞれのカラーを発揮し、エネルギッシュなパフォーマンスをくり広げた。本記事では、同イベントの中から4月3日(土)に登場したPeel the Appleのライブレポートをお届けしよう。

【画像はこちら】

高揚感を誘う「OVERTURE」が響くと、堤もねが“はじめまして、Peel the Appleです! みなさん一緒に夏始めるぞー!”と、ステージに登場する前から気合の入った掛け声でオーディエンスを煽る。

ライブは幕開けにふさわしい「はじまりのはじまり」からスタート。お披露目ステージともなった<TIFオンライン2020>で初披露したグループ活動への強い決意を込めたエモーショナルなナンバーを高らかに歌い上げていく。

続けて、センターの浅原凜がキュートな歌声で歌い出す「Happyyyy Pop!」へ。サビでの2連続のクラップではファンとの息もぴったり。2月27日にステージデビューを果たした新メンバーの小田垣有咲もすっかり馴染んだ様子であった。

黒嵜菜々子(Peel the Apple)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

小田垣有咲(Peel the Apple)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

広告の後にも続きます

山崎玲奈(Peel the Apple)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

勢いそのままに、太陽の光が降り注ぐステージにバッチリ似合う「サニーガール」をドロップ。キャッチーなメロディに乗せて“イェイ!イェイ!サニーガール”とダンス。観客も真似しやすいポップな振り付けで、いつもの彼女たちのライブと変わらない抜群の一体感を生み出す。

MCでは9人が1人ずつ手短に自己紹介を終え、初めての有観客野外ライブについて、“ライブハウスよりお客さんの顔が見やすい!” 、“こんなにいい天気で! まぁ私たちが「サニーガール」だから!(笑)”と愉快にトーク。

リーダーである松村美月が“次が最後の曲になっちゃうんですけど、みなさん一緒に踊って盛り上がっていきましょう”と初のオリジナル楽曲「Don’t Peel the Apple」をパフォーマンス。イントロでは、堤が“もっと夏を始めていきましょー!” とシャウトし、観客をさらにヒートアップさせていた。ファンと一緒に、右手でアルファベットの“a”の文字を表現した“アップルダンス”をパワフルに踊り、ステージを締めくくった。

浅原凜(Peel the Apple)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

佐野心音 (Peel the Apple)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

田島櫻子(Peel the Apple)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

堤もね(Peel the Apple)<NATSUZOME2021>(2021年4月3日(土)/稲毛海浜公園野外音楽堂)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル