top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ペットボトルの炭酸飲料を長持ちさせる3つの方法と、3種のボトル形状/毎日雑学

ダ・ヴィンチNEWS

 今回は、ペットボトルに入った炭酸飲料の炭酸を長持ちさせる方法や、ペットボトルの形状にまつわる雑学を紹介します。

レモンに含まれるビタミンC、実はそんなに多くないってホント?/毎日雑学

雑学クイズ問題

 ペットボトル入りの炭酸を長持ちさせる方法で間違っているものは?

 A. ペットボトルをへこませてキャップをしめる
 B. キャップをきつくしめる
 C. 逆さまにして保存する
 D. 冷蔵庫で保存する

炭酸を長持ちさせる方法、ペットボトルの形状の雑学を紹介

どうして炭酸が抜けてしまうの?

 ペットボトル入りの炭酸飲料は一度キャップを開けてしまうと炭酸が抜けていってしまいます。

広告の後にも続きます

 これは、ペットボトルに入っている炭酸ガスが空気と入れ替わってしまうためです。

 キャップの開栓前は密閉された状態となっているため、空気は入ってきませんが、一度開栓してしまうとどれだけ固くキャップを閉めたとしても少しずつ空気が入ってしまい、炭酸が抜けてしまうのです。

 また、飲めば飲むほどペットボトル内に空気が入り込む場所が増えるため、より抜けやすくなっていきます。

 少しだけ残しておいた炭酸飲料にほとんど炭酸が残っていないのは、こういう理由だからです。

炭酸を長持ちさせる方法

 では、炭酸が抜けるのを防ぐことができるのでしょうか?

 少しでも炭酸を長持ちさせる方法を紹介します。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル