top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【これ、付録です!】Theoryのトートバッグは実用性も◎

BOOKウォッチ

MonoMaster(モノマスター) 2021年 5月号(宝島社)<amazonで購入>

遊び心あるモノ・コトが見つかる大人のライフスタイルマガジン「MonoMaster2021年 5月号」(宝島社)が3月25日に発売された。本誌の特別付録は、Theory(セオリー)の「取り外せる底板付きパッカブル大容量トートバッグ」だ。

画像は、「取り外せる底板付きパッカブル大容量トートバッグ」(撮影:BOOKウォッチ編集部)

横38cm×縦40cm×奥行15cmの大きめサイズの本商品はなんと1.5Lのペットボトルが6本も入る。さらに耐荷重も約10kgまでと頑丈なので、お水のまとめ買いにも、週末のお買い物にも最適だろう。

パッカブル大容量トートバッグを持った様子(撮影:BOOKウォッチ編集部)

そしてブラック一色でシックなアイテムなので、全身ブラックコーデや、ジャケットとゆとりパンツのセットアップコーデと合わせやすい。いつもの仕事バッグに一つ忍ばせておくのもいいかもしれない。

パッカブル大容量トートバッグをたたんで見ると(撮影:BOOKウォッチ編集部)

Theoryは1997年にアメリカのニューヨークで誕生したファッションブランドで、着心地にもこだわりながら、常にアーバンユニフォームであることをコンセプトにしている。そんなTheoryらしく、このバッグでもロゴの配置もさりげないもので、とても洒落ている。

おいしいコーヒーの始め方。

本誌の特集は、「家で淹れる一杯にこだわりたい おいしいコーヒーを求めて。」だ。

広告の後にも続きます

目次は下記の通りである。

最前線を体感できる焙煎スポットへ
コーヒー豆のキーワード
プロに教わるおいしいハンドドリップ術
最新コーヒーメーカーレビュー
手軽に名店の味を愉しめる”コーヒーバッグ”
コーヒーツールカタログ

自宅で過ごす時間が多くなったからこそ、おうちコーヒーを楽しむ人が増えてきている。

それもそのはず、リモートワークが続くことで、仕事とプライベートの境目が曖昧になってきた。そんな時に生活リズムのメリハリをつけるためにコーヒーがスイッチとなることも多いようだ。

コーヒー豆へのこだわり、ドリップ方法、様々な最新マシンなど。自宅でコーヒーを楽しむ方法は無限大である。メイドイン自分のオリジナルコーヒーを作って、毎日の生活にメリハリをつけたい。

画像は、「MonoMaster2021年 5月号」(宝島社)の表紙

※撮影:BOOKウォッチ編集部

書名:  MonoMaster(モノマスター) 2021年 5月号 出版社名: 宝島社 出版年月日: 2021年3月25日 定価: 1,290円(税込)

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル