top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オリラジ中田、顔出し引退を撤回 その理由と本音に「最高」の声

ニュースサイトしらべぇ

お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が5日、自身のYouTubeチャンネル『中田敦彦のトーク- NAKATA TALKS』を更新。宣言していた“顔出し引退”を撤回し、反響が相次いでいる。


■動画に決定的に足りなかったモノ

顔出し引退を宣言して「アバター化」していた中田。新たなチャレンジを応援する声が上がる一方、3日に投稿したアバター化初の『中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY』の動画には、「以前の臨場感と熱量が失われてるのはもったいない」「いつもの情熱が伝わってこない」と悲しむファンが相次いでいた。

5日の動画で中田は、「今まで通りやります」と早くも前言撤回し、「むちゃくちゃ真面目に顔出し引退をしようとしたけれども失敗した」と明かした。作戦を立てて自信を持っていたが、「決定的に足りないものがあった。『中田敦彦が見たい』というニーズが満たされていない」と気付いたという。


関連記事:堀江貴文氏、オリラジ中田の顔出し引退宣言に理解 「俺もそうしたい」

■「申し訳ないとすら思っていない」

すでにアバターで収録した動画があること、顔出し再開に向けて設備を整える必要があるとし、再開は4月下旬になるとのこと。これまで週2更新だったが、動画の投稿頻度も増やすよう。「血の匂いのするYouTubeチャンネルに戻ります。そして絶対に今年中に400万登録者を突破してもう一度YouTubeドリームを追いかけます」と新たに宣言をした。

広告の後にも続きます

さまざまなワイドショーでも取り上げられたにも関わらず顔出し引退を撤回したことで批判の声があがる可能性もあるが、「ド真剣に人生に取り組んだ結果こうなっているので、申し訳ないとしかいいようがないし…」とコメント。しかし、直後に「本当のところでいうと申し訳ないとすら思っていない」「俺は人前で大はしゃぎして血反吐を吐いて、喋り続けて死ぬしかないって覚悟が決まりました」と中田節を炸裂させた。

■中田の言葉に反響相次ぐ

中田の顔出し復活に、ファンからは「待ってました」「嬉しすぎます」「本気の芸人の生き様はおもしろい」と反響が続出。

また、「申し訳ないとすら思っていない」との発言には、「この言葉がこんなカッコいいって知りませんでした」「この言葉が一番グサッときました」「最高です」と称賛する声があがっている。


■相方の藤森慎吾も再開を祝福

相方の藤森慎吾は動画のコメント欄で「俺的には良かったぜ」と絵文字つきで顔出し再開を喜んでいる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル