top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「うちの家紋にしたい」 違いクリームソーダに三つマカロン…和洋折衷の紋所デザインに反響

Jタウンネット

家のしるし、「家紋」。

名字にちなんだもの、信仰にちなんだもの、歴史的な出来事を記念したもの……など多種多様だ。

有名なのは、3枚の葵の葉が円の中心で出会う「三葉葵」や、一文銭を3個ずつ横2列に並べた「六文銭(六連銭)」の家紋など。歴史ドラマで見たことがある人も多いだろう。

名称は、図案の外側にあるものの名前から、内側に向かって読んでいく。

円の中で、縦横二本の線が直交している家紋は「丸に十文字」だ。

広告の後にも続きます

ツイッターではそんな家紋をモチーフにしたデザインが、注目を集めている。

描かれているのは、スイーツの数々。それに「違いクリームソーダ」、「丸にアップルパイ」、「三つフルーツサンド」と家紋の風の名称も付けられている。

題材は洋風でファンシーだが、ぱっと見では「和」を感じてしまう。実際に家紋として描かれていても、もしかしたら気づかないかもしれない。

このユニークなデザインに、ツイッターでは

「きれいで粋」
「めちゃくちゃかわいいです」
「三つフルーツサンドを家紋にしたい」
「ネーミングセンスも素敵です」
「白黒なのに美味しそうなスイーツたちを表現できているの、天才だと思います…」

といった反応が寄せられている。

この家紋風デザインは、どのようにして生まれたものなのか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル