top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

軍による市民への弾圧が続くミャンマーへの支援として急遽、特別上映が決定!在日ミャンマー人の移民問題を描いた藤元明緒監督のデビュー作『僕の帰る場所』

cinefil

昨年開催の第68回サンセバスチャン国際映画祭で新人監督部門に選出、また第33回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門に出品され話題を呼んだ藤元明緒監督による長編第2作目『海辺の彼女たち』が5月1日(土)より公開となります。

このたび公開記念として、藤元監督のデビュー作で、在日ミャンマー人の移民問題を描いた『僕の帰る場所』を映画館にて特別上映することが決定いたしました。
本イベントは2月のクーデター以降、軍による市民への弾圧が続くミャンマーへの支援として急遽企画したものです。

藤元明緒監督のデビュー作をスクリーンでふたたび!
ある在日ミャンマー人家族に起きた、切なくも心温まる感動の実話。

第30回東京国際映画祭「アジアの未来」部門でワールド・プレミア 上映され、同部門の作品賞と国際交流基金アジアセンター特別賞をW受賞した『僕の帰る場所』。
2018年10月に劇場公開されて以降、ソフト化していなかったが、先月3/13~3/28に2週間限定で初のオンライン配信を実施。視聴者からは、「今、観られてよかった」「ミャンマーの穏やかな日常を観ていると胸が張り裂けそうになった」といった感想が上がり、現在のミャンマー情勢と結びつけて鑑賞する人も多かった。そこで、製作/配給元である株式会社E.x.N(エクスン)が各映画館に働きかけ、『海辺の彼女たち』の公開に先駆けて、このたびのチャリティー上映が急遽実現することとなった。

映画『僕の帰る場所』予告

なお、本イベントでの全ての配給収益は、株式会社E.x.Nよりミャンマー市民を支援する活動に寄付される。寄付先につ いての詳細は、『僕の帰る場所』と『海辺の彼女たち』の公式SNSにて後日発表する予定。 このたびの企画に寄せて、藤元監督のコメントは下記の通りです。

広告の後にも続きます

藤元明緒 監督

『僕の帰る場所』をまた映画館で上映できる機会に恵まれたことに感謝を申し上げます。
「映画は限りなく中立的な立場でないといけない」というのが僕のポリシーでしたが、今は映画を通して一人でも多くの方にミャンマーの事を知ってほしい、また映画が平和を望む現地の人々に少しでも役立ってほしいと願うほかありません。
親戚や友人、知人がミャンマーで暮らしていて、圧倒的な絶望を突きつけられる日々ですが、微力ながら支援につながれば幸いです。
―― 藤元明緒(監督)

【STORY】
東京の小さなアパートに住む、母のケインと幼い二人の兄弟。入国管理局に捕まった夫アイセに代わり、ケインは一人家庭を支え ていた。日本で育ち、母国語を話せない子ども達に、ケインは慣れない日本語で一生懸命愛情を注ぐが、父に会えないストレスで兄弟はいつも 喧嘩ばかり。ケインはこれからの生活に不安を抱き、ミャンマーに帰りたい想いを募らせてゆくが——。

『僕の帰る場所』 ミャンマー支援チャリティー上映劇場
(4/5付) ※すべて日英字幕付き上映

■東京 ポレポレ東中野
https://pole2.co.jp/
4/17(土) 17:50~
★ミャンマー新年に合わせた1日限定上映。藤元監督とゲストによるトーク有り。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル