top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

完結後も拡散される漫画『シンマイ新田イズム』なにがそんなに?

ホンシェルジュ

誰しも記憶に強烈に残る、学校で出会った風変わりな人物がいるものです。学校は人種の坩堝と言えど、これほどクセの強い教師には遭遇できないはず。『シンマイ新田イズム』は型破りすぎる新米教師、新田を中心とした学園の日常を描くコメディ作品。ふてぶてしすぎる新田の魅力を中心に、学園の日常をご紹介していきます。

『シンマイ新田イズム』教師がふてぶてしすぎる!型破りな学園コメディをネタバレ紹介!

『シンマイ新田(にった)イズム』は、集英社のウェブコミックス配信サイト「少年ジャンプ+」で、2018年2月3日から12月22日まで連載されていた学園コメディ作品です。コミックスは全3巻、原作を上野祥吾、作画をひらけいが担当しています。

主人公は、新米教師の新田。物語は彼が県立高校に赴任するところからはじまります。学園コメディの場合、生徒が暴走して先生はツッコミかつ巻き込まれる受難ポジションにいることが多いですが、新田は別。眉毛ひとつ動かさない無表情からは想像もつかない傍若無人で不敵な言動で周囲を振り回していくのです。

新田の言動は、生徒だけでなく先輩であるベテラン教師ですら困惑させるもの。発言はあまりにもストレートで、読者がハラハラさせられてしまいます。表情は無表情、発言も異常なほど強気というふてぶてしさですが、生徒に親身になる場面も。本当は周囲のことを、新田なりにいろいろ考えているのでは、と感じさせられてしまいます。

オブラートに包むという概念を知らなさそうな新田が、教師として歩む日常は、笑いと困惑に満ちたもの。この記事では、新田の魅力はもちろん、ふてぶてしすぎるエピソードや全巻の見所をご紹介していきます。

 

新米教師・新田の赴任で嵐が巻き起こる!?あらすじ

広告の後にも続きます

春は新しい一歩を踏み出す季節。高校生になった生徒たちはもちろん、新卒の社会人にとってもまったく新しい1年が始まります。県立越光高校では入学式が行われていました。同時に新しく赴任してきた教師の紹介とあいさつが行われます。新人教師新田の姿に、色めき立つ女生徒たち。しかし彼は赴任の挨拶を、名前を名乗るだけという文字通りの一言で終わらせ、会場にいた人々を困惑させるのでした。

職員室では、ベテラン教師の寺部が新しく受け持つクラスの生徒の名前を確認していました。そこに通りかかった新田が、プリントを落としてしまいます。緊張のために落としたのかと微笑ましく思い拾ってあげた寺部でしたが、新田から告げられたのはなぜか秒数。拾い終わるまでにかかった秒数だと言われ、寺部は思わず声を荒げてしまいます。

寺部は新米教師のふてぶてしさに半ば呆れ気味。「緊張して委縮するよりは……」と前向きに考えます。教師歴30年、ベテランであることをアピールする寺部に、新田は思いもよらない質問をぶつけるのでした。

著者[“ひらけい”, “上野 祥吾”] 出版日

『シンマイ新田イズム』学園生活を彩る個性的な登場人物紹介

あらすじの時点で、新田の新米教師らしからぬふてぶてしさと周囲の困惑が伝わったのではないでしょうか。こちらでは、本作に登場する個性的すぎる登場人物をご紹介していきます。

ふてぶてしい新人教師・新田(にった)

まずは主人公であり、周囲を困惑の渦に陥れる新米教師、新田。新田は身長が高めで、一見すると整った顔立ちをしています。眼鏡のフレームはレンズの下だけのアンダーリム型とオシャレ仕様。しかし、基本は無表情。生徒でも教師でも変わらず、眉ひとつ動かすことはありません。

無表情なので基本的に何を考えているのかまったく分からず、年上だとなおさらふてぶてしいと感じてしまうでしょう。実際言動は小細工一切なしのストレートさで周囲を驚かせます。ただ口も態度も大きいというわけではなく、授業はわかりやすく運動も得意という、実は何でもできるタイプ。生徒に寄り添い考えてくれる、優しい一面も持っています。

新田の被害者?ベテラン教師・寺部(てらべ)

  • 1
  • 2

TOPICS