top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“テレビ史上初の賭場バラエティ”実現に千鳥・大悟「今日からずっと花札と焼酎かもしれん」とコメント

テレビドガッチ


千鳥(ノブ、大悟)が出演する『テレビ千鳥』(テレビ朝日系、毎週日曜22:25~)が、4月4日に放送。大悟がやりたい企画「花札をやってみたいんじゃ!!」で、初心者の2人が2回戦のガチ勝負を実施。インターネット上では「他人の花札見るの、こんなに楽しいのか……!」「ただ花札するだけで面白い番組」といったコメントが寄せられた。

全くルールも知らない中、手探りで模擬ゲームはスタート。花札の枚数や意味を調べながら進めると、早くもノブは「やめようやめよう」と、40代で新しいことを覚えるのは大変だと嘆く。今回は、花札の中でも2人対戦用の「こいこい」に挑戦。同じ種類の花の札を2枚1ペアとして交互に札を取り合い役を作っていく。初心者の2人は、ルールを吸収しようと、麻雀に例えて飲み込んでいくことから、ノブは「もう麻雀しようや」とこぼすも、大悟は「覚えたらめちゃくちゃおもろいわ」と花札の奥深さに興味を示す。

ルールを学び模擬ゲームだけで、収録は1時間半が経過。ここから2回戦のガチ勝負がスタート。スタッフからの「賞金出す?」という提案で、雨入り四光以上の役で賞金が出ることに。さらには酒の役が出たら本当に飲めるというルールが決定した。

順調に光を集めるノブに対し、猪鹿蝶狙いの大悟。先にノブが勝てば1点のリーチを迎えると、「勝負(上がり)」か「こいこい(継続)」かを決断することに。大悟がオンエアしたいのはここからだと忠告したことで、ノブは「こいこい」を選択。その直後に、大悟が酒の役を先に手にし酎ハイをオーダーすると、「今日からずっと花札と焼酎かもしれん」と満面の笑み。その姿を見たノブは「なんなんこれ。テレビ史上初の賭場バラエティ」とツッコむ。

結果、1回戦目は大悟が勝利し10点獲得。2回戦目に突入するも、いきなり大悟がダブルリーチ。ノブも勝負の選択を迫られる場面が訪れるが、大悟の焼酎につられ「酒飲みたい」と勝ち点より酒狙いにかわりビールをオーダー。共に飲みながらの対戦になった。どちらかというとノブより大悟の方が飲み込みが早く、大悟の勝利でゲームは終了。20対0の圧勝だったことから、「もうさすがに買うてくれよ。野球盤もわしが勝った」と、以前から欲しいと言っていたあるものをノブにおねだりした。

ネット上では、ただ花札をするだけの内容にも関わらず、期待を裏切らないその展開に、「この令和の時代に花札だけで盛り上がるテレビ千鳥www」「『テレビ千鳥』で花札やってるの見てやりたくなってアプリをダウンロードしました」「花札めっちゃおもしろそう笑」「ただ花札するだけで面白い番組」「花札やったことないけど、これ見てるのめっちゃ面白いなwww」「他人の花札見るの、こんなに楽しいのか……!」などのコメントが寄せられた。

次回4月11日の放送は「出張!! ネコか? ノブか? ゲーム」を実施。川島明(麒麟)、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、ワッキー(ペナルティ)が出演する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル