top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「咲く時は、一斉に咲くんやね」 桜、菜の花、そしてチューリップ…春の富山の本気が素晴らしすぎる

Jタウンネット

全国から春の訪れを伝える報せが続々と届いているが、なかでも富山県の春は鮮烈らしい。

2021年4月1日、こんな写真がツイッターに投稿され、大きな話題となっている。

投稿者は、富山県で写真を取り続けるイナガキヤスト(@inagakiyasuto)さんだ。「富山が春に本気出すとこうなる」というコメントが添えられている。このツイートには、14万6000件を超える「いいね」が付けられ、今まさに拡散中だ(4月1日夕現在)。

ツイッターにはこんな声があふれている。

「スンバラし~~圧巻 こんな所が日本に あるんや! 咲く時は なんもかんも一斉に咲くんやね」
「母の実家です!!すっごく良いところですよね!!嬉しい!! 母に見せたらとても喜んでいました!!」
「富山の本気魅せつけてくれてありがとう」
「春の四重奏ですね。 朝日岳だけでもかっこいいのに、素晴らし過ぎる!」
「立山の青、桜のピンク、田んぼの緑、チューリップの彩りが一度に楽しめるって素敵です」

Jタウンネット記者は、富山の自然を愛してやまない写真家・イナガキヤストさんに、この写真について聞いてみた。

チューリップ、菜の花、桜、雪山……「春の四重奏」

写真家・イナガキヤストさんはこう語った。

「この光景は、2019年4月16日、富山県の朝日町舟川べりで撮影しました。富山では『春の四重奏』と言われ、チューリップ、菜の花、桜、雪山が揃う夢のような光景でした。
立山連峰をバックに桜を撮れるスポットは沢山あるのですが、舟川べりはチューリップと菜の花も一緒に見ることができるので本当に美しいです。今年は桜の開花が早いのでどうなるかドキドキしながら見守っています(笑)」(イナガキヤストさん)

撮影した場所は、既によく知ったところだったが、しっかり撮影したかったので、この写真を撮った1週間前に一度ロケハンに来たという。「春の四重奏」を1枚の写真におさめるには、タイミングが大事だったのだろう。

ツイッターの反響の中で印象的だったものは? と聞くと、「『富山って最高』と思ってもらえたり、コロナの影響で帰って来れない方に写真を見て喜んでいただけたのが、とても嬉しいです」と答えた。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル